■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■ピュ~~と吹いた。
2008/01/24 Thuキネマのベンチ
観~てき~たYO!
「ピュ~と吹くジャガ~ ーthe movieー」

平日の最終回という観客が少ないのを狙って行ったのだけど、まんまと狙い通り。
ただ驚いたのは、たとえレディースデイといえども、その乙女率の高さ。
つか、女子率100%だったわいな。

なので、おばちゃんドキがムネムネさ。
なんつっても「深夜の神様」と言われてるマッコイ斉藤さんという方が監督っつ==ことで、「成年映画?!封切り館指定した方が良いのでは・・・」な箇所が幾つかあって、ま、アニーは大好きな笑いだけど、若いお嬢さん方がこんな下世話なネタ大丈夫かしら??といらん心配してソワソワしちったYO。

全体的な感想は、『メチャおもしろいんだけど、なんか勿体ない』だね。

まず、映画としてやるからには、映画的特徴をもっといかして遊んで欲しかったなあと思う。
おもしろいんだけど、深夜番組をそのまんま映画にした感じで・・・狙いだと分かるけど、「もっと編集工夫した方が・・」とかCG使う場所、背景、空気感・・なんか勿体ないの。
スクリーンで観るより、部屋でひとりコッソリ楽しみたい作品なんすよ。
アニーは、映画館よりテレビサイズの方が倍おもしろいと思ったね。

あと、キャストがね・・・残念・・。
脇は素晴らしいんすYO。
なぎらさんとか、カルーセルさんとか、意外に猿岩石の人とかはまり役だったし。
ただ、ジャガーさんをはじめ主要キャストが・・・勿体なかった。
なんで要君よ・・・とほほ。
見た目的にはジャガーさんだけど、全然ジャガーさんのキテレツさが無いし、マンガが原作の難しさはあるにしろ、メインキャストのヘンテコさがほぼ消えてて勿体ないっす。
笑えるんだけど、原作大好きな人にはちとガッカリかも。
映画だから原作と微妙に設定が違ってたりするのは当たり前だけど、ハマーさんとかも、おぎさんのキャラのが立ちすぎて・・ハマーさんって感じは薄いんだよね。

そんな中、「この人の映画になっとる!!」とキラキラ光って、作品をすべてもっていってしまってたのがピヨ彦くんです!
彼によって成り立ってると言っても過言ではない、ハマり役。
たしか、大村 学くんという俳優さんで、アニーは初めてお目にかかりましたが、可愛い顔してやりよりますよ、彼。
主役はジャガ~さんかと思ってたけど、真の主役はピヨだったのです。
も==とにかくおもしろい!
可愛い顔なのに、えらいブサイクな表情連発で愛おし!!
しかも、声がスウィ~~トで全てがピヨ彦以上にピヨ彦なのら。

あんな芝居できるのは舞台出身かと思ったけど、ドラマとか出てるらしい。
多分監督も彼のキュートさにやられてると見たね。
要っちが使い物にならんから大村っちの映画にしてしまったのよ、うんむ。
男前なのにあれだけはっちゃけてる若い男優さんって舞台でもあんまり居ないのでは・・?
いやはや今後大注目の男子だす。

ま、これから観に行かれる方は原作はすっぽり忘れた方がよかと思うだす。
それと、ここだけの話・・・映画館よりテレビのがおもしろそうよ、テヘッ。
コメント(0)
またもや。 ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ スノスノだすの~

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。