■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■ぽおかぽおか
2014/04/10 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ここ何日かぽかぽかして気持ち良いと思っていたらば、
夕方から寒くなりましたな。
春ってこんなに寒暖の差が激しいものだったでありますかな?


4月も中旬

いつもながら旅帰りは慌ただしいでぃす。

先週の京都は花見目的で行ったですが、
相変わらずのフリーダムな旅なので(テへへ)
京都に着いてからどこに行くか決めました。

人出が多くても花見の名所に行くか〜
北に行くか〜
東に行くか〜

迷ったあげく
春の特別拝観をやっている「清涼寺」に行くことに。

嵯峨釈迦堂として親しまれているお寺だそうで、
国宝、重文を含む寺宝が、春と秋には観られます。

嵯峨の方って、ほとんど行った事がなかったので
ワクワクでぃした。


仏を目当てに参ったのでありますが、
桜も見事で素敵だったです。

140401_1140+01_convert_20140411003341.jpg


特別拝観しているし、人が多いのだらうと思ってたのですが
寺宝館に入るとアニー一人。
ゆっくり仏像と対話できて幸せでした。
境内も静かに散策できて、お天気も良くて
心から癒されたわあ。


ノ〜プランで動いていたので、
嵐山の方にでも行ってみようかにゃあ・・
とフラフラ歩いてみたのですが、
南に向かうと、
家族連れやらカップルやらがわんさかで、
少し気分が萎えたので(笑
今度は北に向かいました。

で、以前から気になっていた
「化野念仏寺」に行くことに。




140401_1236+01_convert_20140411003536.jpg


これが、観光mapだと近そうだったのでありますが、
歩くとけっこう距離がありまして大変だったのでぃす。

観光スポットから少し外れているせいか
観光客も少なめ。
日本人より外国のお客さんが多かったように思うです。

こちらのお寺の由来などに興味がある方は

http://www.nenbutsuji.jp/  ご覧下さいませね。


こちらの「西院の河原」は、
何ともいえない迫力がありますし、
軽々しく足を踏みいれちゃいけない場所かなあ・・・

と、
行ってみたいけどちと怖く思っていたのですが、
実際に入ってみると、
礼を重んじる気持ちがあれば大丈夫かな
とゆう感じでありました。

もとよりアニーには、
見えちゃいけないモノは多分見えないですが(汗
墓所に向かう竹林は清々しく、


140401_1254+01_convert_20140411003614.jpg


嫌な気配は感じなかったであります。
ただ、あまり長居できるような場所でもないかにゃあ。
そゆのに敏感な人には、お勧めできないかもしれませぬね。


二日目は、友人宅で二歳児と遊んでしまったので
結局花見らしいことはしなかったですが、
比叡にある、お気に入りの桜も見られたし
京都はどこも桜が美しかったし、
しっかり気分転換できたであります!




来年は吉野の桜を見たいにゃあ。


HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。