■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■士魂
2014/03/28 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
  『劇場版 薄桜鬼 第二章』


を観てきました!

乙女に大人気な作品の劇場版であります。
元はゲームで、そこからアニメになり、
去年劇場版の第一章が公開されたのでございます。

いわゆる乙女ゲームがなので、
ラブ要素がもちろんあるのでありますが・・
(アニーはゲームはやったことないですけれど)
史実を元にストーリーが展開されていくので、
筋がとてもしっかりしていて、おもしろいのです。

大まかに言いますと〜

主人公の女の子が、
新撰組と共に生きていくストーリーなので

京都守護職〜池田屋事件〜鳥羽・伏見の戦い〜

永倉さん原田さん離隊〜流山〜

会津戦争〜蝦夷〜

などなど。


新撰組の解散までが本当に丁寧に描かれてて
涙なくしては観られないのであります。

ゲームの方はラブ要素も高いのかもしれませぬが、
アニメは新撰組の隊士達がメインで話が進むので、
男性が観てもおもしろい作品だと思います。
実際アニーが行ったときも、
半数近くが男性のお客さんだったでありますな。


そしてええ


絵が綺麗過ぎるのであります!

アニメもうっとりでありましたが、
スクーリーンは更にため息ものの美しさでした。
はふん。



もちろん
隊士たちはイケメンばかりなので(笑
お気にいりのキャラってのがいるだす。

アニーは、
斉藤さんと原田さんを贔屓にしてるですが(テへっ
今年の運を使ったなって感じで思わぬプレゼントが!


入場者特典で週替わりのカードがついてたらしく
(あたい全然知らなかったのでぃすが・・)
ポへ〜と入っていったら、

ぬわんとっ

斉藤さんと原田さんのカードが手渡され
プチパニ==ック






          ああ 麗しい



今週はこのお二人だったようでぃす

神様だうもアリガタウ。


今回は戊辰戦争に入ってからのお話ですが、
幕末好きの方は是非アニメからご覧下さいまし。

オタクじゃなくても十分おもしろいZEEE!

HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。