■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■楽しみにしていた・・
2013/08/27 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
神様たちをgetであります。





第9巻ですって。

DVD付きはやっぱひ止めときましたであります。

・・・・でも。

劇場版のDVDは買ってしまうかも。



本日、コミックス専門のスペースがある
大きな本屋さんに行ってきたわけでありますが。

以前話してた

「ときめきトウナイト 真壁俊の事情」

が、ここでも売り切れだった====!

ときめき人気恐るべし。。


発売日から二日後位に行った最初の本屋で売り切れ。


「まあまあ・・入荷数が少なかったのだらう」

と、後日別の店に行って売り切れ。


「まあまあ・・落ち着いた頃ならダイジョブでげそ」

と、ウズウズ読みたい気持ちを抑えて
数週間空けて別の店でも、またまた売り切れ。


「まあまあ・・・・・
        なにをう?!」

と、その後にもう一軒行ったが売り切れ。

で、本日に至るわけでありますな。


本を注文して買うことって
ほとんど無いのでありますが、
さすがにいつ手に入るか分からぬ状況なので(笑
注文してまいりましたYO。


いやいやいや
たぶん出版社も本屋さんも甘く見てたね、ときめき愛を。

今では、少女向けのコミックで
信じられぬほどエロ満載だったりもしますが、
アニー世代が読んでた作品はチュ〜でも希少・・。

純なDOKIDOKIが詰まっておりました。

数々の素晴らしい作品がある中でも
蘭世と真壁くんのラブなストーリーは、
たぶん別格なのでありますな。

二人がハッピーエンドを迎えるまでには、
地球規模の危機があったりして、本当に波瀾万丈。
うまくいきそうになると、危機また危機の連続で
連載中は蘭世ちゃんが幸せになることばかり願っておりましたよ。

だから、ラストでハッピーなエンディングを迎えた時には
我が事のように嬉しかった

のに。。。


ときめきストーリーは鈴世やアイラ?ちゃんに
あっさり交代し、かなりな感情移入ぶりで応援してた
私たちには、やや肩すかし感が。
はっきりいって、続編はいらなかったんじゃないかと



そんなわけで。

作品が終わっても、なんだかモヤモヤした感じを
ときめき世代は持っていたのでありましょう。

そんな私たち(笑

真壁くん目線の新作なんて
読みたいに決まってるのよう!!



んでも。
今日は神たちを堪能であります。



HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。