■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■我が身。
2013/06/14 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
先日、目の前で交通事故の瞬間を見てしまいました。


2車線の道で、アニーはいわゆる走行車線を走っておりました。
帰宅ラッシュは過ぎておりましたが、右車線を走る車は
割とスピード出してビュンビュン走っておりました。

夜だし、同乗者もいるしで
その日はゆっくり左車線を走らせておったわけでありますが、
店が何軒も連なるような場所にさしかかった折、
駐車場から車道に合流しようとする車が・・・

びゅんびゅん走らせてる車が多いのですが、
進行方向に出るのなら、タイミング待てば問題ないよな道であります。


で。

出ようとする車が待っていると、
スッと反対車線から右折して駐車場に入っていく車がありました。

アニーとその車たちとの間は100〜200Mってとこでせうか。

走行車線のアニーの前には一台。
追い越し車線は、アニー達と前の車の、少し前方を3台走っておりました。

反対車線から入った車もかなり強引な間隔でした。
追い越し車線の車はスピードが出ておりますから・・
危険なタイミングで曲がったのは間違いないのです。

そしたら。


出待ちをしていた車が
何を思ったか車道に入ってきたのであります!

「え?何あの車 危ない」

と思わず口走った次の瞬間


   ドンっ


すぐ目の前で衝突事故が!


出て来た車と追い越し車線を走ってた車の
ぶつかる瞬間を目撃してしまいました・・・。


アニー側の車線は、
その車が出て来てもスピードを落とす間隔は空いてましたけど
追い越し車線は全然そんな間はなかったので、
走ってた車も「まさか」だったと思います。
だからスピードは結構出てた状態だったと思うのです。


事故後、何台かの車の運転手さんが様子を見に行かれました。
当事者の運転手さんたちは車から降りてこられなかったので、
怪我が心配でありましたが、アニー達はしばらくしてその場を離れました。


数年前、アニー本人も母も交通事故に遭いましたので
その時のことが思い出されて、心臓がバクバクいってしまいました。


車は、とにかく多くの人が日常で使っておりますが、
これほど恐ろしい凶器はなかろうと感じる乗り物です。

運転中に

「目の前に向かってくる車が車線超えて、正面衝突になったらどうしよう」

とか、ついつい想像しちゃうよな人間ですので
安全運転には気をつけておりますが、
他の運転手が何を考えてるかはまったく分かりませんからね。

誰かのせいで「ヒヤっ」とすることも多いであります。


だから、いつも思うのでありますが、
車も全て自動運転になればいいのに。

前の車にぶつからないよう自動で止まる優れモノもおりますが、

「黄色信号を感知して自動で止まる」
「車間距離を一定の間隔で開ける」
「トンネルでは必ず点灯」
「車線変更の際には、前後の車の間隔がウンM以上無いと警告音がなる」

などなど。

車が自動で管理した方が事故は必ず減るだろうと思います。


高速走ってても、
頭おかしいのかっ て車間で走ってる車いますからね。

そんな輩も免許持って、運転してるわけですから、
よく考えなくても恐ろしいでありますよ。



あの日、普段通り右車線を走ってたら
事故に遭ってたのは自分かもしれないと思うと・・
他人事とはとても思えない出来事であります。

皆様も、今後とも安全運転でまいりましょうね。







HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。