■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■なんだか
2013/04/17 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
三國連太郎さんの訃報には誰もが驚いたでありますね。
アニーは、「鷲と鷹」の演技がとても印象深いであります。

亡くなられて、色々な逸話がニュースになってて、
役者としての賛辞が溢れておりますが・・・

もちろん
そこを否定するなんてあるわけがないのですが、
プロとして仕事に対する姿勢というのは、
誰もが三國さんほどの心意気を持つべきはずなのよねん・・って。

たとえば、歯を抜いて役作りを~ の話も、
同じ役者さんでも、そこまでしなくても
役がスッと入ってくる方もいて、
きっと三國さんは、極限まで役作りをしないと
納得のできる演技にならないタイプの役者さんで、
求める所は同じでも、それぞれアプローチの仕方が違うだけで。

ある意味、不器用な役者さんだったのかもしれず、
それがご本人は分かってるから
誰よりもストイックに役作りをして
演技に臨んでたのではないかと思うのであります。

その「仕事にかける信念」みたいなものは、
誰もが持ち合わせてなくちゃいけないと思うのであります。

よく「名もなきひと」という表現がされますが、
その「名もなきひと」の中にも、
執念ともいえる完ぺき主義で仕事に臨んでおる人がたくさんいて、
私達は、おおいにその恩恵を受けているかもしれず、
たまたま三國さんは華やかな舞台に立っている方だったから
注目されておりますが、多くの「名もなきひと」が
きっと素晴らしい仕事をしてるはず。

そして。

プロとしてお金をもらっているのなら、
誰もが、同じような信念をもって仕事に臨まなくては・・
いけないっすよね。


でね。

アニーが最近気になるのは、そうやって仕事に臨んでいる、
または本人の意思とは関係なく、
それ位のハードな仕事量を抱えて働く人が、
それに見合った対価を支払われてない
世の中の現状がどうなの?!ってことで。

ほんっと、周りの話を聞いていると、
「休日出勤で丸一日はたらいてもその分のお給料が出ない」とか
「サービス残業は当たり前」みたいな話が多すぎる!

経営者は何やってんだっ(怒

不況で・・・・っていうのは
操作された情報にしか思えないのでありますよ。

確かに経営難で頑張ってる会社はたくさんあるのでせう。、

でも、従業員のことを本当に大切にしているトップの人って
どれくらい生息してるのか疑問さね。

みんなが真面目に仕事をした分の報酬(マネーに限らず)を
もらえないとダメじゃん!

物を買うってのも、結局はその物をいただくことに対する
お礼の気持ちだから、その物ができるにいたった
諸々に見合う値段じゃなきゃダメじゃん。

そして、それに見合うと納得できるものには
みんな高くてもお金使うわけでしょ?

なんだか主旨がこんがらがってきましたが・・・


安いことは素晴らしいけど、安けりゃいいってもんでもないし、
(安い裏には何が犠牲にされてるか考えないと)

一部の人だけが利益を得やすい社会制度を
なんとか変えるような意識を皆がもっていかないと
状況は悪くなる一方で。


・・・・・三國さんの訃報の話から、まじめな方向に話が飛びましたね。

ともかく、プロの仕事をしている人にはそれ相応の対価を払おうぜ!
そして、それが、更にいい仕事につながっていくんだぜ!

当たり前のことなんだけど、
忘れられちゃってる感じが否めない昨今でありますな。
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。