■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■で・・・
2012/12/17 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
検査の結果、ばっちり大きな針が映っておりました。

「ありますね。胃の中に・・」

先生も神妙です。
その様子に、アニーも不安がどどっと押し寄せてまいりました。

「とりあえず、緊急に処置しないと」

内視鏡で取れるようならよいけれど
糸がついてるので、難しい。
ダメなら開腹手術します。

なにも特別なことのない日常が突然風景を変えることは
日頃から意識しているアニーですが、
やっぱり日々の繰り返しで意識は薄れていくのです。

昨年の事故で、母がICUに入ったときも感じましたが
今回も同じようにそう思うダメなあたい。

処置の流れを聞いて、とりあえず家路につくことに。
病院についても元気な様子だったし、
すぐに取り出すのだから、そんなに心配はないはずだけど、
開腹となれば、それなりにリスクも高くなるものだし
現実的な費用の面でも、保険が利かない分高負担。

こういう時って
どうしても悪い方に頭がぐるぐる回ります。

どしゃ降りの雨が余計に気分を暗くする

そんなぐるぐるを繰り返してるうちに家に着き、
ぼうっとしてたら病院から電話が。


「無事に内視鏡で取れました。
 もう麻酔もとけて、元気な様子です。
 明日お迎えにきてください」

・・・・・・

心底 ほう と、したですよ。


恐怖や不安って、すごい勢いで浸食してくるから
胸の中は一瞬で真っ黒になったりしますが、
その杞憂は無駄に終わる事の方が多いものであります。
分かっちゃいるけど、止められないのは
遺伝子の中に組み込まれてたりするからでありましょか。。

思いも寄らぬ出費にはなりましたが、
大事にいたらなくてほんとホッといたしました。

「針が、食道から肺や心臓に刺さらなくて不幸中の幸いですね」

と先生から言われた時にはゾッとしたでありますが、
まだまだ彼に楽しい経験をいっぱいさせてあげられます。





さすがに疲れが表情に見られる らも氏
今日は一日寝てばかりでおじゃりました。

大騒動の張本人なのに、
本人は何が起こったか全く分かっておりまてん(笑

今後は、このような事のないよーに
厳重注意!!

ま 分かってないけどね。

HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。