■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■ど~ん。
2012/06/05 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)




てなワケでありまして。

話題のコレを来阪のついでに見に行ったのでありますが
・・・・
正直お勧めは出来ない展覧会でぃした。


こういった大きな宣伝がされている展覧会は
いつも意図的に見に行かない派のアニーなのですが、
一緒に行った方から提案されて、せっかくだからというわけで足を運んだわけでぃす。

もともと考古学好きでありますから、
博物館とか行くのは大好物なんすよ。

王家の紋章で育った人間でもありますし、
エジプト文明には興味津々。
だから展覧会そのものには胸躍ったであります。

実際に展示されている品は、本当に凄いものばかりで大興奮!

紀元前1500年代の品とかが彩色も鮮やかに
輝きを失わないまま眼前にあるのでありますから
興奮しないわけがごじゃいまてん。

当時の様子を想像しながら
いろんなこと考えながら
じっくり見たいにきまってます。


なのに・・・・

人が多過ぎるのでぃす!!

お高い入場料を払っているのに、
展示品を近くで見る事もかないませんっ。

二重三重の列が出来ているのが当たり前で、
目玉の展示品の前にはそれ以上の人だかりが出来、
うっかりしていると何が飾ってあるかも分からずに
人波に流されていく始末。

入場制限しているわりには、
中に入れる人数多過ぎる。。
後から後から人が来るので、
運良く最前列で見られても足を止める事が出来ないのです。

止まっていると係員に注意されるし、
他の方の事を考えると、自分だけってのも・・ねえ?


それに、人ごみがホントえげつない位でありまして。

アニーは一度だけ花火大会に行った経験がありますが、
あまりの人ごみに気分が悪くなり

「こういう場所にはもう来ない」

と決めたのであります。

この展覧会はまさにあの花火大会を思い起こさせました。

前夜眠ってないので余計に気持ち悪かったのでせうが・・
途中具合が悪くなりました。

お金のかかった展覧会なのでせうが
入場料もかなりお高い感じですし、
そのわりには、肝心の展示品が満足に見られず
人混みにもまれて体調だけが悪くなるという

・・・・・・

平日に行ったのでありますがねえ。
やっぱりこういう
“一般の人が多く来場する”可能性があるのって
根性が必要であります。

古代エジプトの品が展示されることって
他の博物館でもよくありますが、
あそこまでの人混みは経験がごじゃいません。

ツタンカーメンさんだからでせうが、
これから行かれる方は人少なそうな日をリサーチして、
万全の体調で臨んでくださいまっし!!


アニーは、生きてる間に大英博物館かカイロ博物館に
行こうと心に決めたでありますよ。







HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。