■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■「とらや」には、
2012/02/17 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
もう、おいちゃんもおばちゃんも居なくなったですね。

寅さんがふらっと旅に出たまま戻らなくなって
長い時間が過ぎたでありますが、
「とらや」にはさくらさんしか待ってないのかしら・・。

寅さんの家族に出会ったのは、
大人になってからであります。

ご近所とか親戚とか、普通の人間関係でも、
うす~くうすく生きてきたので、
寅さんの行動や「とらや」の日常やらが
本当に愛おしく感じたです。
 
寅さんの温かさにいつも涙しながらも、
実のお兄ちゃんだったら大変だろうなあ
とか、いつのまにか自分も「とらや」の中に入ってたですよねえ。

マドンナには底抜けに優しい寅さんも、
おばちゃんやおいちゃんにはすぐ癇癪起こしたりして、
怒られると悔しくて泣いちゃったりするおばちゃんが、
とても可愛かったですよねえ。


役者さん本人としては、一つの役柄のイメージで認知され続けるというのは苦しいものかもしれませんが、私にとって「とらや」の皆さんは何かあると帰りたくなる場所って感じであります。

学生時代の友達とか実家とか・・そんな感じなのであります。



三崎千恵子さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。