■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■どこかに。
2011/12/28 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
あまりマメに更新出来てないブログでありますが、
頭にはいつもアリます。

「あ。 これブログで書こ」

ってほぼ毎日思いつくことはあるのですが、

後回しにすると何処かへ。。

で。
本日も

「あ。 これ~~~」

と思いついたはずなのに、今はすっかり行方不明(笑

仕方ないので、最近楽しみなドラマの話でも。


まず、

『クリミナル・マインド』

これは、FBI行動分析課のお話。
ほぼ一話完結で、プロファイリンによって犯人を追い込んでいく流れです。
アニーは昔から、シリアルキラーやプロファイリングのネタが好きなので、このドラマはドンピシャでありますね。
個人的には、人気のある「CSI」シリーズより断然おもしろい!
キャストも嫌みがなくて(キャラ立ちしすぎなくて)、でも地味じゃなくて、好きです。
美男美女揃いですが、各キャラのダークサイドがしっかり描かれていて人間味があるので、とても好感がもてるです。


『ザ・キリング』

最近始まったアメリカ版を見てます。
もとは、ヨーロッパで大ヒットした作品のようです。
これも犯罪モノでありますが、一つの殺人の謎解きを1シーズンでする話。
一日を一話で描くという「24」的手法ですが、まったく雰囲気は違うであります。
どっしり&じっくり な感じですごく丁寧。
女子高生が被害者なのでありますが、その遺族の苦悩の描き方は秀逸。
被害者家族の存在感がこれほどしっかりと描かれてる作品って珍しい気がしまふ。
そして、女性刑事さんの演技が素晴らしいっ。
映像も映画観てるみたいにキレイです。
一見、地味めなドラマでありますが、謎は深まるばかりで毎回ドキドキです。


他にも

『フリンジ』2シーズンと『BONES』6シーズンも毎回楽しみにしとるです。
どちらも、特殊技術というのか美術さんの仕事なのか、死体やらなんやらがとても巧妙で、見ていてわっくわっくであります。
やっぱり海外ドラマは規模が大きくて、「ス」とトリップ出来るのがEでぃす。
ぐっ!






HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。