■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■リン・ッ派!
2011/08/18 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)



今日は、これに行ってきました。
夏休みだから、子供が多いんだらうなあと覚悟しておりましたが、全然予想は外れまちた。
若い子の姿もちらほらだったであります。

そっかあ、、うん、そんなもんだすかね。
夏休みも終盤だすしね。

他のお客さんが、その場で学芸員のお姉さんに直で文句言っておりましたが

「若冲と~」

と全面にフューチャーされてるわりには、若冲作品は少なかった。

そんなもんだろな・・と思ってたけど、そこは予想通りだったので、ちょっとガッカリ。

ま、他の作家さんの作品も素晴らしかったので、存分に心のごちそうにはなりましたが、アニーはあまり若冲を見た事がないので、もっと見たい欲が・・・です。


日本画は、はっきりいって最近興味が湧いてきたので、有名な方以外ほんに知らないのでありますが、今回の展覧会で二人の絵師さんと出会うことが出来ました。

一人は、中村芳中。

なんとなく名前は聞いたことありましたが、意識して作品観たのは初めて。

この人の「扇面貼交屏風」と「朝顔図」には、グッ と目を奪われました。
入り口近くにあったので、何度も戻って観てしまいました。
「たらしこみ」っていうんですかね?
あれが、とってものびやかで心地よい。
構図と色彩感覚のセンスの良さっていうのもあるんでしょうが、おおらかなんだけど大雑把じゃなくて、しまるとこはキュッとひきしまっていて退屈じゃないのでありますよ。


それから、もうお一方は 鈴木其一。





思わずポスター買っちゃったのでぃすが、上の絵は

「朴に尾長鶏図」

これと、「水辺家鴨図屏風」というのが、特にアニーは好きでぃす。

写実力が半端ないのでありますが、それだけじゃなくて・・構図がけっこう変わってるのか何なのか(笑)、アニーには詳しいことはよく分かりませんが、とにかくおもしろい!
粋な感じ。
「ここにこの線入るか~」みたいな。
で、さらに色の使い方がグッとくる。

当時のスタンダードはよく知らないのだけれど、もしかしたら、ちょいと外れてたんじゃないかと思わされる御人であります。


いや~、良い刺激になりまちた。
アニーの大好きな密教法具の五鈷杵も展示されてて(しかも平安時代のものですって)、興奮したであります!

・・・かっこ良かった・・・

この展覧会は21日までだそうです。
まだの方は、お早めにれっつらGO。。


HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。