■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■どもアリガット・2007・9・23
2007/09/26 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
「どもアリガット Mr.ロボット」

っというわけで、ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。
すさまじく素敵な時間を過ごすことができました。
これもひとえにアニーのおかげ・・・・いやいや、舞台を楽しんでくださった皆様と、最後まで仕事と両立しながら、忙しい中頑張ってくれたSTAFFのおかげだと感謝してます。あと、柳川メンバーもお疲れさま!

まだ京都公演がありますが、とりあえずホッとしてます。
んでも~事後処理が山とありますけんどね(笑)。

おっと、アニーファンの皆様のなかで不安に思ってる方がいるやもですが、だ~いじょうぶですよ~~~。
今回は柳川と合同でのイベントのような感じの公演だったわけで、アニーはこれからも一人芝居を続けていきますのでね~~。

今回3回目の公演だったわけですが、回を重ねるにつれ嬉しくなるのは、普段あまり芝居を見ないようなお客様が少しづつですが来てくれるようになってること。
もちろん、いろんなお芝居やら舞台を観てきた方が来て下さる事が嬉しいのは当然なのですが、そうじゃない方が観にきてくれて、しかも楽しんで笑ってくれるのはほんっと幸せです。
正直、「この人たちのために今、ココで死んでもいいかも」って思っちゃうくらい。
そこまで思われたら逆に怖いかも(笑)しれませぬが、舞台上から皆が笑ってくれてる姿を見てると、誇張じゃなくそんな気持ちになっちゃうんですよ。
・・・・こわい?わちし??

でもね、こういうのがアニーの理想ですけん。
お笑いライブやコンサート、はたまた文化祭?! そういうのに行く感覚で普通の人に芝居を楽しんで欲スイ===ですけん。

どうしても芝居を見る人って限られてるでしょ?
結構長い時間拘束されるし、当たり外れがあるし、大体なんだか難しそうな雰囲気もある。
やっぱり限られた人たちの間でしか芝居って見られてない感があるんですよね。
これが都市部になるとちょっと様子が違ってきますが・・・今は、人気劇団の看板役者さんたちがTVに出たり、マスコミでも引っ張りだこの劇団の人たちもいますし、売れっ子アイドルや役者さんがどんどん舞台でも活躍されてて、そういう名前の売れてる方々の芝居っていうのは普段芝居を見ない人もどんどん取り込んでいける。

ただ、芝居で利益があってやっていけるのは、もう、ほんの米粒ほどの頂点にいる人たちだけであって、やっぱり芝居をやっている人口に対してそれを見るひとの数って明らかに違いすぎてるのが今の日本の現状でしょうね。
それは、全国の中・小劇団や役者さんたちが頭を悩ましている問題で、みんなその打開策を探している状態なんだと思うんですよね。

きっと、それは見る側がどうのという問題より、やっぱり発表していく側にも大きな責任があって、閉ざされた世界を打破していく作品を意識したり、もっと自分たちの存在をアピールする動きをしていかなければならなかったり、もちろん文化/芸術面をもっと支援して応援してくれるよう行政やエラいさん、企業とかにも働きかけていかなけりゃならんのです。

どこの世界でもあるのでしょうが、長く芝居をやっていたり、ある程度評価されていたりする人って妙なプライドがあるでしょ?
アレ嫌よね・・・。
「芝居というのはこうあるべきだ」みたいなね。
きっとそういう人からみたらアニーのは一人芝居でもなんでもないっていわれちゃうのでしょう。
でもさ・・・コントだろうが歌うたってようが、一人で演じてるんだから一人芝居じゃないの?
テーマってそんなに必要?メッセージ性がなければダメなの??

ま、言いたい人には勝手に言っていてもらえばい~わけですが、
とにかく!
何も難しいこと考えずに楽しんでもらえる舞台をアニーは目指しておりまして~、普通の人に気楽にきてもらえるように頑張っておるわけでして~~、ちょっとずつではありますがその波が伝わりつつあるような気が今回はいたしました。

みんなどんもありがっとね~~~~!
コメント(0)
噂のアレ ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ まったなし!

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。