■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■高野山 つづきい。
2010/07/20 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
宿坊に入ったら、落ち着く落ち着く で、ありまして。

窓から見えるお庭も立派でしたし、簡素な旅館ってな趣もよし。

syuku.jpg

予想以上に精進料理も美味で、ご飯がススムことこの上なしでした。

た~~だ。

お風呂の時間が短くて、アニーにはそれが大変でございました。
なんせお風呂が長い方なんです、あたくし。
髪も美容師さんにうんざりされるほど多いので、乾かすのに時間がかかるでありますよ。
まあ、全体的に何もかもがスローリーちゃんなので・・。


さて。

身を清めて、お腹を満たしたら次は 阿字観 であります。

これは、瞑想です。
一番楽しみにしていたイベント(?)なのです。

高野山は標高の高い所にあるので、瞑想しやすい・・・らしいのです。
脳がアルファ波になるのですって。

んんんむ。
良い経験をしました~。 はうあ。

そして、その後は写経であります。
ご存知、般若心経を筆で写していくのでありますが、コレがあ~た!奥深い!!

 syakyoのコピー


アニーったら甘くみておりました・・。
塗り絵みたいに下書きがあって、その上をなぞっていくので、「なあんだ。」的に一瞬思ったのですが、やり始めるとかなりタイヘン・・。
一行書いたら、もうぐったり。

 syakyo2のコピー


しばらくぶりに、えんらい集中しましたであります。
一文字一文字を丁寧に書かないと意味がないので、一文字書くのも息止める風でありまして。
そもそも筆でこれほどの字数書くというのも、最近はないことですから、けっこう大変でごんすよね。
なおかつ、一度も使った事のないような難しい漢字も出てきますから==

 syakyo3のコピー
 
計3時間くらいはかかりました。
終了したときは、あれほどの爽快感は予想以上でありましたね。

また、やりたいなああ。


床に就いたのは午前0時をまわっていたでしょうか。
んでも、夜更かしアニーは目が冴えちゃってじぇんじぇん眠れずに困ったであります。
昼間そうとう睡魔に襲われたので、ぐっすりだと思ってたのですが・・・。

なので、寝たのは結局夜明け近く。
朝の勤行があるので、すぐに起床であります。

お勤めが終わって、朝食。

前日のとっても美味なお料理を撮り忘れちゃったので、ここでパシャリしました。

 syuku2.jpg

質素な食事ですが、ま~ ご飯のすすむことっ。
二人でお櫃のご飯を食べきったです。
それでも物足りないくらいだったのでありますから、恐るべき高野マジック!

二日目はいよいよ奥の院へ。

 oku1.jpg

奥の院は、何百年も経た老杉が高くそびえ、歴史上の名の知れた人物から、池田藩やら鍋島藩の藩のお墓、市井の人々のお墓まで何万(何十万??)というほどの人々の供養塔が立ち並んでおります。

 toyo.jpg

   ishi.jpg

   ake.jpg

   oda.jpg


この奥の院のほんとに奥には、弘法大師御廟 があります。

ここには今も弘法大師さまが生き続けていると信じられてるのでありますね。
大師信仰の中心でございます。

参道入り口からこの御廟まで、なんと片道2キロ。
上って下りたら4キロの道のりでありますよ。

途中まで歩いて気づいたのです。

「けっこう距離あるな」


行きはヨイヨイ 帰りは・・・・  ですよ。
「ひ==こら ひ==こら」言いながら下りてきたであります。


で、午後には神戸移動。
翌日はしっかり神戸を満喫して帰路につきました。


 kobe.jpg

初めて南京町で写真撮ったりして(テヘっ)、充実した旅行となりました。




P.S
高野山で泊まった宿坊の、跡継ぎらしきお坊さんがとってもイケメンで、坊主萌えのアニーはかなりときめいてしまったので、今年中にまた行きそうです(笑)。

HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。