■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■シネマチーーック!
2007/08/22 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
アニ-の仕事先で明後日に映画撮影があるそうです。

撮影場所に自分の身近な場所が使われると何だか嬉しくなるね。
別に自分が映るわけじゃないのに。

東京で住んでたトコは商店街のまっただ中にあり、よくドラマだなんだで撮影が行われてておもしろかったです。
部屋の目の前が商店街の通りなので、ちらっとのぞくと、忙しく立ち働いているスタッフさんが見えたもんです。(不思議と私の部屋の角度からは映されてる側は見えんかった・・)

アニーは何度かエキストラでドラマや映画の撮影現場を体感したことがあります。
一度だけちゃんと役名のある役をもらった時は本当に嬉しかったなあ。
出演シーンを撮り終えた時は「お疲れさまでした」って拍手で送ってもらえて“役者として仕事したんだなあ”って感激しましたよ。
ま、結局劇場公開なぞされずに終わった映画どしたが・・・。

撮影現場でなにより感じたのは、“スタッフさんて大変”というコト。
いや、役者さんも大変ですけんど、スタッフさんの仕事はも~~~っと大変そうに見えましたよ。
「事件は現場でおこってるんだ!」ってな感じ。
ドラマの撮影なんてホントに早朝から深夜までで、アニーなんぞたった数日でも「死んでまう・・」ほどハードだったのに、スタッフさんなんてそれを連続でこなしてるわけですから。
夜中の2、3時まで撮影して数時間後の6時集合とかだと、私たちより早く来て準備してるスタッフさんはいつ寝てるんだ??ってびっくらピーですよ。
好きでもなかなか続かない仕事じゃないかと思いましたね。
そんでもって、あの情熱のおかげで、あちきたちは良い作品を見る事ができるのだすな。

あちきたちは、映画やドラマの製作に携わってる皆さまにもっと敬意を払うべきな~のね~。
なので、本編が終わった後のエンドロールもしっかり見ねばダ~メなのね~~~。

なにはともあれ、映画の撮影を側で見られるのがプチっと楽しみなのであります。
コメント(0)
オカヤマ上陸なのに ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ リ・フレッシュ

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。