■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■この物言いは。
2009/04/15 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
方言というものは、奥深いものであります。

昔の流行歌に“ 故郷の方言を聞く為に上野駅に行く ”
なんて歌詞のものがあったりなかったり。

そんなわけで、郷里を離れて「言葉がつうじないっぺ」と驚愕することもありますな。

アニーは物心つく頃に岡山に越してきて、十代後半までおったわけですが、演劇を志したこともあり、あまり方言が強い方ではなかんべ~と自負しております。

んが!

やっぱり気付かぬうちに岡山弁なるものも会話に飛び出したりして、他県の友にからかわれたこともありやした。

んが!!

アチシが何気なく使う方言は、じつは田川弁なるものは・・・・・・




って
アアアショックだべ!

何がショックってここの不具合なのか何なのか、「なんかかる」とか「まめる」とかウダウダ一生懸命書いた文章が、“記事を保存ボタン”をポチっと押した途端に消えてしまわれたので~すよ~~~。

Fc2さんを使っておるわけですが、今日はどうも調子が悪いですわい。

アアアショックだべ!


そんなわけで、30分が無駄になり(オヨヨ)、もう同じ文章を書き直す気力はアチシには全くナッシングでありますので、皆さま 心の目 で方言についての深~~いお話を読んでくださいましね。


by アニー

HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。