■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■小さな映画館。
2008/11/26 Wedキネマのベンチ
もう2008年も終わりが近いです。
去年も同じような事いっておりましたが・・早いでし。
ばびゅーーーっんでし。

今年は映画館でいっぱい映画を見る

という目標は、ほとんど果たせませぬでした。
うんむ。来年こそは。。

さてはて、でもそれ。
田舎はミニシアターがあまり無いです。
これ問題です。
シネコンにやられちゃってます。どこも同じ映画しかやっておらぬです。
これじゃ悲しいでし。映画館で見る気力も半減でし。

確かにシネコンは良いとこもたっくさん。
きれいで利便性も良くて・・でも、ご存知のとおり観客動員の多そうな、大作ばかりやってます。
シネコンで働いてた経験があるアチシが言うのもなんですが、そればっかりじゃダメでしょ、や~ぱり。
その映画館がどんな作品を上映するかって大事でしょ。
各劇場の特徴が如実にあらわれるし、自分の好きなタイプの作品をよくやる劇場というのに出会うのは嬉しい。
そこで、その劇場への愛とか信頼とかも生まれてくるわけですよ。

キライじゃありませんよっ。
中身のうす~いような映画、ハリウッド超大作、アニメアニメ、好きですよっ。

ただ、いはゆるミニシアター系の作品もスクリーンでもっともっと見たいのです。
家でゆっくり見るのもそれはそれで楽しめますが、やっぱり真っ暗な闇に浮かび上がる大スクリーン!に脳天直撃な大音量!にはかないません。
とくに、アチシが個人的に感激なのは“リバイバル”上映ってやつで。
自分の大好きな作品や俳優さんを映画館で見る機会が与えられるっつうのは、本当に胸がどっきんどっきんします。
それから、中東系の作品もかなり秀逸なものが多く(たぶんそういうものしか入ってこないのだろけど)、派手なアクションやこったストーリーや人気俳優が出ていなくっても、上質な時間をもたらしてくれますよね。

そんな作品こそ、やっぱり映画館で観たい。
映画館で上映してほしい。
見る機会をあたえてほしい。

地方に比べて都市部は圧倒的に館数も多いですが、昨今は都市部でも閉館する劇場が増えているようで。
今の現状にミニシアター系の劇場さん自体も危機感を感じて、動きだしているそうでありますよ。
チラと記事を読んだのですが、全国のミニシアター系劇場が(全てではないですが)、組合とか連盟みたいなつながりを作って、お互いが協力し合って存続させていこうとしてるらしいです。


アニーも、ささやかながら来年こそは、もっと劇場に通って、ミニシアターがいつまでも続くよう力添えをいたしたい(うん・・ほんとささやか。でも一番大事でいす、きっと。)と決意を新たにした今日この頃であります。

コメント(0)
最強! ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ 連休恐るべし!

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。