■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■ゲイジュツカって
2007/07/04 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
昨日は、アニーの同級生であり偉大なアーティストである川埜龍三くんの倉にお邪魔してまいりやした。
いよいよ今月末から個展が始まるとゆ~ことで「ええんかの?」と恐縮しながらも大きな態度での訪問でした。

こまめに更新されてる彼のブログを見てて「こりゃ凄いわい」と畏怖の念を秘かに抱いてたので、ドッキドッキで作品を見せてもらったとですが・・・・・・アニーがつたない日本語フル稼働しても伝えられない“オーラ”と“パワー”をそれはそれは静かに、でも強力に放ってました。

ものすごい作品を前にすると言葉ってなくなるでしょ?
彼の作品は正にそれだと思います。
圧倒されるんだよね・・・・。

思えば高校時代から、川埜くんにはコテンパンにやられた感じ。
「カーーーン」ってゴングがなって、いきなり右ストレートくらってKO負けくらい圧倒的にかなわない才能をもっとりましたな。

「ちょっと絵がすき~、美術が好き~」
ではお話にならないのよね。
ま、当時のクラスメイトは彼以外もエラい画力をもった恐ろしい面々ばかりでしたが。

アニーの周りでは、川埜くんだけじゃなく、迷いながらも自分の道を貫いて芸術で頑張っておる人間がたくさんです。

作家としてやっていくのは本当に大変なこと。のようです。
「認められるか、認められないか」
「お金をとるか、何もかも全部すてて(あきらめて)我が道を行くのか」


う~~ん・・・芸術家の永遠のテーマでがんすな。
そこに答えなんてありゃしないぜ!!

な、わけで昨日は楽しい休日どした。


コメント(0)
節約節約 ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ タイトルなし

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。