■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■帝釈天アニー氏 思わず笑顔!!!
2007/07/01 Sunわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
実は、先日MRI検査を受けました。

そう簡単に体験できることでもないだろうし、検診の前に「閉所恐怖症ですか?」とかいろいろ問診表もかかされたので、ち=っとばかりドキドキで臨んだのあります。

事前に受けた説明では40~45分くらいという話で、別にアニーは狭いとこ怖くないっすけど、流行の(違う?)過呼吸持ちなので、「長いと気分悪くなることもあるやも」と少しばかり不安だったのだけれど、実際は20~30分だったので、まったく難なくやってやりましたさ。

だけんどね、部屋に入る前に 「じゃ、肩に注射しますんで」って、スポーティ風な看護婦さんに言われた時は、
「えええ!聞いてないよう!!」
と、恥ずかしいくらいベタなリアクションしてしまった。
いい年こいた大人だって注射の時はそれなりの心づもりがいるってもんさ。ねえ??
しかも筋肉注射は痛いやつじゃないのさっ。

っと妙にテンションが高くなり、いつもの3倍増くらいおしゃべりになってスポーティ看護婦さんに話かけてる間に、検査室によばれ、あれよあれよと言う間にまな板の鯉。
「大きな音がしますんで、すみません。何かあったらこれをギュって押してくださいね~」とぎゅうと握れるコブシ大程の、私にとっては“命綱”な空気ポンプみたいなものを持たされ、検査開始。

ズイ~~と台が半円ドームに吸い込まれて、アニー自身すっぽりドームにおさまると、「おおおおお」となんだかおもしろくなってしまい、おもわずにへら顔だったのですが、「ピ ピ ピ ピ・・・・」と大音量が響きはじめると、へらへらしてられなくなりましたよ。

なんてたってアニーは大きな音がほんのちょっと苦手なので。
コンサートとかクラブとかの大音量は平気なんすけどね、電車(特に貨物)とか通過する音は大嫌いさ。いまだに耳ふさいでしまうのさ。
これがホントに大きな音にずっと包まれてる状態なわけで、検査の間、さすがにギリシャ彫刻のように強靭な体格のアニーでも(ま、希望は・・)、「早く終わらないかな」と敗者気分になってしまったのです。
だってね、工事現場のど真ん中で布団しいて寝てる様なありさまですよ。
係のお兄さんは「寝てもかまいませんから」って爽やかフェイスで言ってたけど、あたしゃ、あの状態でぷ~すか睡眠とれる人って心底尊敬するね。

そうこうしてる内に「ちょっと音が大きくなりますんで、我慢してくださいね」とお兄さんの声がしたかと思うと、先ほどまでの「ピピ」よりさらに大きく!そして激しく!!情熱的な「ピイピイピイピイ」が始まったのです。
「ビクウ!」ですよ。
「ピク!」じゃなく正に『ビクウ!』ってしましたね。
心無しか下の台も振動で「ドッドッッド」って動いてて、こわかった。

でも、でもね。
いつしか、その恐ろちい「ピイピイピイ・・・」が
「マメマメマメマメ・・・」って聞こえてきちゃって、思わず「ぷしゅ~~」と笑顔になってしまいました。
「気の持ちよう」とはよくいったもんで「マメマメマメマメ・・」となると、もうおかしくてしょうがないの。

つつがなく検査が終了した後も、しばらくは「マメマメ・・」の可愛さでたまに笑ってしまう平和なアニーでございました。
コメント(0)
タイトルなし ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ そこに愛はあるね

管理者にだけ表示を許可する
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。