■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■興奮した・・
2011/10/22 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
先週から、気持ちばかりがアクセクしているアニーです。

たいていの大人はしんどいことを経験しているんだなあ、


感じるアニーも、
それなりの年数を生きてる今日この頃なんでありますな。


さて、そんな慣れない毎日なんでありますが、
二日続けて興奮する記事を目撃。


ひとつは

「 元寇 」

の、元の船が海底で発見されたこと!
あの、神風で沈んだとされるアレでありますよっ。


すごい

歴史上の大発見じゃねぃですかっ。
何百年と沈んでいながら、ほぼ原型をとどめているのですって。

人ではないけど、歴史の証人でありますね。
ワクワクしますな。


それと。

高野山の金剛峰寺の霊宝館で展示していた仏像が
快慶作らしい・・・・と発表されたこと。

アニーは去年、この霊宝館を訪れましてね、
話題になっている「執金剛神立像」がえらく気に入ってしまったのです。

そのときは、もちろん作者は分からなかったですが、

躍動感と力強さ ぷらす 着衣や動きの美しさ

みたいなモノが、とても魅力的だったのでありますね。

一度しか拝観してないし、なんなのですが、
~自分の好きなアーティストが世間に認められた、~
みたいな?(笑)

そんな感じの嬉しさがあるのでぃす。

あまりに人気者になられても寂しいですが、
国宝とか重文になれば、仏も待遇がよくなりますから、
これまで以上に大切に保管されて、
いつまでもその美しい姿を拝ませていただければ何よりであります。



スポンサーサイト
■■■こんな年。
2011/10/18 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
すっかりご無沙汰しておりました。

ちゃんと生きてるアニーです。


先週末にイベントがありまして、その準備にしばらく追われ、

「これからは柳川だZE!」

と気合いを入れた日に、身近でトラブルが。。。


結局、今月末の柳川公演には出られないこととなりました。
チラシにも載せてもらい、息巻いてたのに・・

京都の皆様には、多大なご迷惑をかけてしまい申し訳ないです。。
そして、万が一にもアニーを楽しみにして下さってた素敵な御仁がおられましたら、
「本当にすみません」

アニー自身も久々の舞台なので楽しみにしておっただけに、
残念ではありますが、人生こんな時もあるのだなと思い、あまり暗く考えないようにしています。

不幸中の幸い

という言葉もありますしね。


まあ、今年一年は「厄年」という言葉がしっくりくる年でありますよ。
(実際に厄年なわけではありませんぐぁ)


いい経験になっておると思います。

この年では、そんなに舞台経験が多い方ではないと思うですが、それでも公演に出られなくなった事は初めてでありますし、生まれて初めての体験を色々させてもらってます。

47ミリくらいは器が大きくなったでせう。

来年は、バキッとSTARTしていく所存です。

まだ今年は残ってますが、出来ることをモソモソやって、落ち着いたらまたいろんな人に会って、するりと一年を終えようと思っちょります。


とりあえず、アニーは元気。


■■■yatteL yatteL
2011/10/11 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
おかげさまで続けておりますYO。
柔軟。

開脚も・・・・100度・・くらいはできるように


なった気がするであります。

一月で5度づつ開くようになると考えると、
ま、一年以上経てば(笑

気長にやっちゃうもの。
ええ。


そういえば、あまり期待せずに観た
「HANGOVER」と「トロピック・サンダー」
がヒッジョーにおもしろかったであります。

「HANGOVER」は気になってたでぃす。
向こうで公開されてる時に、役者陣が地味ながら首位ぶっちぎりってニュース見て「へええ」て。

お下劣おバカなシーンもありますが、最後までグッと引っ張られました。
普通によく練られたストーリーでおもしろかったです。
記憶がないことは、アニーも昔あったので、笑いながらも若干うすら寒かったであります。


「トロピック・サンダー」はまったくノーマークで全然前知識なく観たです。
じつは、ジャック・ブラックが出てたから借りただけなのでぃすが、アニー的には当たり!であります。

かなりグロいシーンや下ネッタさんもありますが、アニーはスプラッタも相当おバカなネタもwelcome乙女なので、むしろキャッキャ笑ってやりました。
まさか、ロバートダウニーJr.が出てるとは思いませなんだが、やっぱり何やらせてもE味だしますねえ。
あの中にいても、まったく浮かないし、やり過ぎなんだけど、嫌みじゃない。
器用な俳優さんですねええ。

あとあと。

え~らい濃いキャラな人が、日本で絶大な人気の、
あの
イケメン俳優だったのには、驚いたでぃす。


だから、あんな濃いキャラになったのねん。
本人すごく楽しそうでありましたよ。
アクの強いキャラクター演じるのって、たまらない開放感なんだろな。

他に、昔アニーの憧れだったニック・ノルティ氏も登場されてて、相変わらずの渋カワイイさにニヤリでありました。
ベン・スティラーの映画が楽しめる人なら、是非観ておくべっきだと思うです!!


さすが、ハリウッド。

お金かかって、すんごいアクションシーン撮りながら・・

気持ちよくお馬鹿であります。

Eね!


■■■あっちこっちぱっち
2011/10/08 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ここ数日ウロウロしてます。


不審者ではないのであります。


倉敷出て~、
一旦家に帰って~、
らもと散歩して~、
岡山出て~、
また倉敷に行って~

     みたいな。

移動の多い仕事は楽しそうだああ

と、マヌケんぐに考えた事もありますが、
出張は各地で遊べてEな的勘違いでございますね。


さてさて。

そんなアニ的に追われてる感満載の10月スケジュールなのでありますが、
昨日は健康上の不安で病院に(笑

・・・・

やっぱ早く診てもらうが一番であります。

ちょい気になるモノが出来て、勝手に悪い想像ばかりしてましたが、じぇ~んじぇん!

大した事ないさあ。

病は気から
なのか、
抗生物質のせいなのか、
気にしていたモノは今日には治りかけはじめてまっしんぐ。


あたいなんてそんなもんさあ。

む~ん。
■■■hunhunhun
2011/10/05 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ある日、らもの散歩に出ました。

少し歩いたところで、肩に何かがぶつかってきました。

「やだっ虫?!」

と、持っていた、らもbagでゴシゴシしてよく見たら・・


ふんふんふん BIRD ふんnnnnnnnn

でビックリしました。


鹿のふんnnnn♪ なりゃば避けようもありんすが、頭上はそんなに注意しておらんで。
あぶないだで。

いや~~ん って即刻引き返しました。


で、翌日。

いつものように着替えてたらば

「なんか変?!」

な、ことに気が付きました。

パッと鏡を見ますれば、パジャマの上にズボンはいてました・・。

こんな一昔前のマンガみたいなウッカリさんってあるのですな。


朝、寝坊して、食パンかじりながら走ってて転校生の男の子にぶつかる。

「いったああ」
「気をつけろよ、このお転婆」
「何ですってええ!そっちこそ気をつけてよね」

みたいな。

「何よ 失礼なやつ(プンプン)」←もちろんギリギリセーフ
「今日は転校生を紹介する(先生)」
「あ!今朝のおてんば」
「あ==」

みたいな。(笑



あり得なさそうなシチュも案外遭遇しそうな気がする今日この頃。


■■■こねこね~ こねこね~
2011/10/03 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)


 

じゃんじゃじゃん♪


ご覧の通りーのハンバーグ。

ハンのバーグさんなんて、作ったの調理実習以来じゃないかしら?
見た目はアレですが(笑)、味は最高 ぼ~のう

急にコネコネしたくなりましてね。
あの感触・・・Eね!



いつのまにやら、キンモクセイのほっとする香りが漂う季節になったであります。
あの香りがすると、「夏よサヨナラ」って思いますね。
もうジタバタしても仕方ない感じ。

夏は去っていったのねん 

と、爽やかに見送れます。

それにつけても。

体調崩しそうな気候でありますから~
お互い気をつけてまりましょうねえ。

VIVA マスク!!

■■■男前!
2011/10/01 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
   という言葉がピッタリだと思いました。


少し前になりますが、見たのでぃす。
ドラマ。。

「熱中時代」


見たのは、「UFOと謎の男の正体」の第3話のみなのでぃすが。


ま===

水谷豊さんの男前なことっ!

今でもカッコよいですが、
アニーは個人的に「刑事貴族2」からの印象しかないため、
その当時には水谷さんは既にダンディ的な方だったため、
瑞々しい美声年ぶりに、勝手に驚いてしまったのでぃす。


しかも、演技おもしろいしチャーミングなのでありますねえ。
勢いがあって魅力的!

熱中時代は、最終回の視聴率が45%を超えてたらしいですが、主役の水谷さんの魅力が人気の要因だって分かりますですねえ。
もちろん、ドラマ自体もおもしろかったでぃす。
(1話しか見てないけれど・・)
もっともっと見たいと思いましたから、あい。


で、ヒロインが志穂美悦子さんではねぃですか?!

あのっ、
アニーの、大好き憧れ女優ナンバー1
の“えっちゃん”さんでぃす。


子供ながらに、「綺麗な上に強い人だ ポエ~」って映画「里見八犬伝」を見て好きになったでありますね。
ちなみにこの映画には、永遠のヒーロー大場健二さんも八犬士の一人としてご出演されております。

いや、ほんと、巷の声通り、引退されたのが勿体無いと心底思ってしまう女優さんであります。
勝手な意見で申し訳ないでぃすが・・・。


志穂美さんは、あれだけ美人なのにアクションシーンも素晴らしく(さすがJAC)、「ステキネステキネ」と嬉しい気持ちがあったのでありますが・・・なかなか本格的に、スタントなしでアクションがこなせる女優さんって現れてこないでありますよね。

香港映画って、生身の体をはったアクションが出来る女優さんて多いな。
と、昔思ったりして
カンフー映画好きとしては・・・・・なんとなく淋しい。


そんなわけで、ステキな役者さんが出てるドラマは、
当たり前田のクラッカー
で、おもしろいのでありますな。


テレビには出てないけれど、光り輝いている役者さんは日本国中にけっこうおるでがす。
知名度から、ちょい離れて、博打的なキャスティングのドラマをぜひとも作って欲しいでありますね。

皆さん、攻めてまいりまSHOW。


HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。