■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■うむ げ
2011/08/31 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
そか

今日は夏休み最終日かね。
(; ̄_ ̄)=3


自分が学校に行くのは嫌いだったけど、アニーはイーのっ。
おとなしかったから。
うるちゃい子どもは学校行きなちゃい。

私語がうるちゃい大人はライブ来るな。
スポンサーサイト
■■■ももんSTAR
2011/08/31 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)

本日の大阪の目的はライブ!!

知る人ぞ知るっ な
ラウル・ミドン氏がビルボードでやるのですね~。

てか、もう終演後なのでありますが。


ラウルは、ギタリストでボーカリストなアーティストですが、生で聴くと本当に鳥肌立ちました…
なんというか、、

音楽の怪物って思ったです。(・ω・;)
詳しい感想は、お家帰ってからにしますが、嬉し涙出ました。

こんなに感動なライブなりゃば、二万でも五万払ってでも惜しくないであります。

コリが世界基準なんだべぇ。
いや、ミクも良いのだけどにゃー、やっぱ生が一番だがや。

音楽家はやっぱりライブで稼ぐ人じゃなきゃ。著作権ってイマイチ嫌い。(話飛ぶけど)
音楽って、そゆもの?
言葉が上手く紡げぬので、伝わらないかもだけんど、あまりに著作権で縛られるのって悲しいです。

オリジナルを大切にするのはマナーとして当たり前れすが、素晴らしい曲や詩がたくさんの人に受け入れられて、波のように皆の生活に沁みたとして、いちいち「著作権」って取締っていくのは…
音楽じゃない気がする……って、全然説明出来とらん!


そんな話は、またゆっくりにゃー
■■■オタオタ…
2011/08/30 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)

今日は大阪です。

も、最近は大阪来たら必ず訪れる場所
『日本橋』

夕方ですが、仕事帰りらしい皆さんで賑やかです。

我ながらどんどん趣味の世界が深くなっている今日この頃なのであります……

たぶん。

次に来る時は、薄くてお高い本買っちゃうんだろな
(ΘoΘ;)
■■■すげいね☆鉛筆
2011/08/27 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)




本日は、丸ちゃん(丸山P)の個展にお邪魔してきました。
で、偶然にハイスクールララバイな同級生と再会しました。

Kさん、Mさん 何年振りだったでせう?
お互い大人になったですな。
名言アリガタウ。。。
例の会が実現できたら楽しそうであります。
 
や~、やっぱ美工の仲間ってEね。
アニーは「ニセ美工」でしたが、美術の才能は観る方にあることが最近分かったので、それはそれで良し!なのであります。


さてさて。

丸ちゃんの作品ですが、以前より更にグ=になっとります。

今回は全て鉛筆ということで、版画は一点もありませなんだが、あらためて

鉛筆ってすげいな

と感心しました。

アニーもハイスクール時代にデッサン等で使ってた鉛筆が未だに大量にあるので、たまに使ったりもいたしますが、腕がないもんで(笑)いまいち生かしきれずにいたりします。

でも、さすが丸ちゃん。
4H~9B までを上手く使いこなして、表情がとっても豊か。
炭の色だけなのに、色の幅が広い。
描き込み方も程よくて、うるさくないし、何より女の子たちが魅力的。

そして!
今のアニーには、ちょいと頑張らなきゃですが、額付きであのクオリティでと考えたら、値段がとっても良心的。

あ~あ・・・
アニーがウハウハ稼ぐ甲斐性ありだったらなあ


な。わけで。

丸山智代さんの個展はまだ始まったばかりですにゃあ。
作家さんもほぼ会期中はおられるようなので、興味のある方は行くべしだにゃあ。。
■■■THE 呪い。
2011/08/25 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
アーモンドの呪い。

あれは、まさにアーモンドの呪いさ。


やめられない とまらない

ぶりも、いい加減にして欲しいであります。
ブツブツができるじゃないのさっ。

最近のブームは、この
「一粒で身の破滅を呼んでしまう呪いの食物アーモンド」
で決まりなのさっ。


そんなわけで、例の立派な大蜘蛛さんのせいで、自宅がまったくくつろげぬ場所になっとるであります。
先日は、パソをいじっている最中に、目の前に「ぼとっ」つて落ちて来て、夜中ながら悲鳴をあげてしまいました。

きゃいん。
ばひん。

本日もリビングやら廊下やらを行ったり来たりしておられるので、奴の様子をビクビク伺っていつでも動ける体勢をとっております・・・。

こんなんじゃ、とてもアマゾンでは暮らしていけやしましぇん。
我ながら情けないであります。

自分、ほんとちっちゃい人間なもんで、最近好きになる人は物事に動じないタイプの方がおおいだす。


それにしても。

いつまで呪いは続くかにゃあ。。

P1170360.jpg
■■■ソラシドお知らせ!
2011/08/23 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
本日、カラオケ店に行きましたらば

「学生証はございますか?」

と尋ねられ、一瞬喜んだアニーです。

でも、よく考えたら、必ずしも学生だからって若い人なわけじゃねいであります。
そして、何度も聞かれたので、どことなく嫌みなんじゃないかとも思える雰囲気でありました・・。

ただ!

今年は ミニワンピで生足強化年なので、格好だけは若者だったかも。


さて。

そんな話は関係なっっしんぐでありまして、
明日より、アニーの良きPであります(笑)、丸山Pの個展が始まります。


P8240692.jpg


ちょいと画像が見切れてます
・・・ごめんなさいであります。


場所はこちら

P8240693.jpg

かつてはアニーの巣のようでありましたART GARDEN さんです。


いつ振りだろ・・二年振りかにゃ?の丸ちゃんの個展でありますね。
働きながら制作続ける事の大変さは、周りを見てると痛感するでありますが、それでも前に進み続けている人は、心から尊敬します。


丸山智代さんの作品展
明日から9月5日まで開催されておりますので(火曜は休館)、近隣の皆様はもちろん、遠方にお住まいの方も、我先にといらっしゃってくださいまし。



■■■すっぱいDAあ
2011/08/21 Sunわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)



昨夜は、停電ハプニングもありましたが、そんな事は吹っ飛ぶくらい心臓に悪かったのが、この大蜘蛛さんです。

足が長くてデカイ蜘蛛には何度かお目にかかった事がありますが、
家の中で

「ササッ ササササッ」 と、

縦横無尽に違反スピードで走り回られると、血の気がひきます・・。


元来アニーは、蜘蛛の見た目がちと苦手。
害虫を食べてくれるので嫌いじゃないけど、あの目の感じと足の動きが恐ろしく感じてしまうです。

昆虫がそんなに得意じゃないのでありますな。
何考えてるかさっぱり読めないでしょ?
動きに予測がつきにくいというか。

爬虫類は好きなんだけどにゃあ。
同じように何考えてるか分からん系だけど、やっぱり節足動物特有のフォルムと質感が、アニーにはダメな感じのグロテスクなのかしらん。


そんなわけで、10㎝以上はある大蜘蛛さんには、別に居てもらってもいいんだけど、なるべく目につかないところで活動して欲しいと切に願うでありますよ。


moblog_9134d624.jpg

■■■ほぼ実況
2011/08/20 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
只今、停電中であります。
 
キャンドル2


ただしくは、これがアップ出来た時には停電じゃなくなっとりますが・・。

アニーは初めてどした。
お風呂入ってる時に真っ暗に。
ブレーカーが落ちたのかと思いきや、辺り一帯暗い様子。

まんまと洗髪中でありましたので
「ありゃあ どうすべえ・・・とりあえず水で流すべえ」
と、もっさりしておりましたら、母がお湯を沸かして持ってきてくれまちた。
お母ちゃんアリガタウ。

今日はねえ、皆さんご存知の通り涼しかったですから。
水風呂はさすがに寒いっ。

頭は水で我慢できたですが、体は「ひゃう!」ってなりますから、お湯はありがたかったですばい。

で。
お風呂上がって今に至るわけでぃすが、アニーの趣味が思わぬとこで役立ちました。


キャンドル


ご覧の通り、キャンドルホルダー集めるの好きなんでありますな。
おかげさまで、ちっちゃいキャンドルも十分ありんす。

キャンドルの炎は綺麗だし、周りは静まり返ってるし、こういうアクシデントもたまには良いかも・・。
呑気言ってる場合じゃないかもしれませぬが、お困りの方も大勢なのでせうが、
すみません。ちょっとワクワクするであります。
■■■リン・ッ派!
2011/08/18 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)



今日は、これに行ってきました。
夏休みだから、子供が多いんだらうなあと覚悟しておりましたが、全然予想は外れまちた。
若い子の姿もちらほらだったであります。

そっかあ、、うん、そんなもんだすかね。
夏休みも終盤だすしね。

他のお客さんが、その場で学芸員のお姉さんに直で文句言っておりましたが

「若冲と~」

と全面にフューチャーされてるわりには、若冲作品は少なかった。

そんなもんだろな・・と思ってたけど、そこは予想通りだったので、ちょっとガッカリ。

ま、他の作家さんの作品も素晴らしかったので、存分に心のごちそうにはなりましたが、アニーはあまり若冲を見た事がないので、もっと見たい欲が・・・です。


日本画は、はっきりいって最近興味が湧いてきたので、有名な方以外ほんに知らないのでありますが、今回の展覧会で二人の絵師さんと出会うことが出来ました。

一人は、中村芳中。

なんとなく名前は聞いたことありましたが、意識して作品観たのは初めて。

この人の「扇面貼交屏風」と「朝顔図」には、グッ と目を奪われました。
入り口近くにあったので、何度も戻って観てしまいました。
「たらしこみ」っていうんですかね?
あれが、とってものびやかで心地よい。
構図と色彩感覚のセンスの良さっていうのもあるんでしょうが、おおらかなんだけど大雑把じゃなくて、しまるとこはキュッとひきしまっていて退屈じゃないのでありますよ。


それから、もうお一方は 鈴木其一。





思わずポスター買っちゃったのでぃすが、上の絵は

「朴に尾長鶏図」

これと、「水辺家鴨図屏風」というのが、特にアニーは好きでぃす。

写実力が半端ないのでありますが、それだけじゃなくて・・構図がけっこう変わってるのか何なのか(笑)、アニーには詳しいことはよく分かりませんが、とにかくおもしろい!
粋な感じ。
「ここにこの線入るか~」みたいな。
で、さらに色の使い方がグッとくる。

当時のスタンダードはよく知らないのだけれど、もしかしたら、ちょいと外れてたんじゃないかと思わされる御人であります。


いや~、良い刺激になりまちた。
アニーの大好きな密教法具の五鈷杵も展示されてて(しかも平安時代のものですって)、興奮したであります!

・・・かっこ良かった・・・

この展覧会は21日までだそうです。
まだの方は、お早めにれっつらGO。。


■■■ともだち~は いいもんだ~~
2011/08/16 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
そんなわけで、また飲んでます(笑




くらっいですが、もらったドイツ土産をみせびらかし。

グループ展で、しばらく前にドイツに行ってたそうなのでぃす。
ウマヤラシイ。。

アニーも海外公演やんなきゃあ。


彼女とは・・もう何年だろ?
高校時代からのともだちですけん、長いですな。
お互い自立したつきあい?(笑)みたいな、学生時代から変わらないスタンスであります。

まあ、アニーは昔から甘えておりますが・・バカやってるアニーを生暖かく見つめ続けてくれる頼りになる存在です。
進んだ道は違えど、この年になっても、お互いにやりたい事を続けている同志でぃす。


我ながら、おともだちには本当に恵まれている人生なのであります。

ともだち~は いいもんだ~~
■■■ナ こったい。
2011/08/14 Sunわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
珍しく ス・ウぃーツを作ったであります。




なんて骨体 こったい こったい な、パンナコッタ。

ま、手作りつても、魔法の粉にちょちょいと手を加えるだけのことでしたが・・



さて。
冗談のように宣言してたi-tuneの整理。


未だ終了しまてん(泣)。
毎日やってるのにいい、予想以上に時間かかるものでぃす。
それだけほったらかしだったのでありますな。

楽曲の数々を落としていくと、CDをでろっと100枚使っちゃいまちた。
ほんとCDって増えていくよにゃあ。

入れてるだけで、あまり聴いてない曲なども「ちぇい」っと外していってるので大分スリムになってきてますが、まだまだ無駄がありそう。
この機会にジャンル分けなども行って、より快適にしたいであります!

これが済んだら、映像を整理していくつもりでぃす。
アニー公演で作ったやつは、全部ほったらかしになっておるので、こちらも手間がかかりそう。
冬になる前に終わればいいなあ。

今年は、整理&準備の年でありますので、

コツコツ コツンコツン んで バッサリ

と、毎日過ごしていくでぃすYO。
■■■驚。
2011/08/12 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
「え====!」


でしょう。
きっと、あの子もその子も

「え====!」

つて、なったでありましょう。

アニーもNEWS見てびっくらしたです。

ハルヒがケ・・ケツコン・・・?!
プライベートと全然関係ないのに、なんとなく複雑な気持ちのホスト部ファン・・。


でも。。

お似合いなお二人でございますね。
ちょと憧れる、ステキなご夫婦であります。

末永くお幸せに


■■■ブラザーサン・シスタームーン
2011/08/11 Thuキネマのベンチ
 映画は一人で見たい派

そ~う!君とおんなじSAAAA ♪


なもんで、実家に戻ってからすっかり本数が減ってたであります。
休みの日に一日映画観てるなんて、出来なくなったです。

いつのまにかレンタル屋さんの品揃えも、カリャッと変貌なのでありますな。
ドラマと邦画の数がスゲイでぃす。
そして、バラエティさんも充実なのでぃす。

個人的には、昔の映画をもっともっと多くしてくれたら嬉しいのに。
とくに日本映画の昭和時代のマイナー作品が mi・ta・i

以上の話はおいといて。

先日、

「ブラザーサン・シスタームーン」

を観ました。

聖フランチェスコの若かりし頃をテーマにしている映画です。

これが、まあ・・・・・泣けた。
号泣というより「つうー」と涙が頬を伝わる感じ。

別に宗教がどうのは関係なくて、生きることについて素直に受け止められるような内容だと思います。
この映画で散りばめられているメッセージは、ある人の本に書かれていたこととほとんど同じなので、アニーには覚えのあるものばかり。
そして、苦しくなったら「んちょんちょ」と、自分の引き出しから引っ張り出して目の前に掲げる言葉と似ています。

結局は、仏教でも同じような教えがありんすが、「煩悩を捨てた先に本当の幸せがある」ってことが根底にあって、若きフランチェスコが神の教えに目覚めて、いろんなモノを捨てて道を貫いて行くって話(ミュージカルで)です。

捉え方によっては、少し退屈な描き方をされてるような箇所もありますが(正直)、一途に信じた道を貫いて行く主人公の姿は、やっぱり胸を打つであります。

「えええっ?!(笑)」
てなシーンもありますが、中盤からクライマックスにかけては、さすがに魅せられます。

監督さんは「ロミオとジュリエット」(オリビア・ハッセーさんがジュリエットの)の方らしいです。
残念ながらそっちは全然記憶にないのでぃすが、同じ監督さんの「チャンプ」は名作中の名作でございますね。

たしか「チャンプ」は小学生の時に観たですが、「うおおおん」と号泣した記憶があります。
そして、その後も何度も泣かせていただきやしたぜ。

泣きのツボは違えども、終わった後にサッパリでホコホコ気分になるのは一緒。


気分的にちょっぴし余裕がなき時には観られないかも(かなりテンポはゆったりだし、カット割りも独特。前半は緩慢とした印象あり)ですが、一度ご覧になって損はないでせう!

おススメなのであります!!




■■■カンガエル かえる。
2011/08/09 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
furo.jpg


最近は、女の子とデートすることが多くなったです。

(上の写真は全く関係のない、暑くて水浴び中のらも)

昔は年上の人とばかり付き合っていた気がいたしますが、今はひと回りも年が離れた子と話すのが楽しいであります。
・・・アニーが23歳だから11歳くらい?(笑)


で、岡山だからなのか何なのか、、
真面目な子が多いなあと感じるのでありますな。

真面目で素直な子は我慢している事がたっくさん。
だから、病気になっちゃう。

「若いから」というのもあるけど、
「若さゆえ」の我が儘って方が、アニー的にはしっくりくるのに。

いろんなものが二極化している気がするでありますが、
一方では「自分大好き!自分さえよければ」な人種が増え、
他方では「仕方ないから自分が我慢したらい~さ」な人も目立つ。


この人生は一度きりだからにゃあ

みんな悔いのないようにね



と、ついついおせっかいを焼いてしまう昨今のアニーなのであります。


■■■解禁!
2011/08/08 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)



お酒解禁しましたっ。
と、言いましても、ほんの数日禁酒してただけなのでありますが。

昨日は、アニーの憧れ、、というか恋い焦がれる方に初めてお会いしまして、アドレナリンがりんりんと出ていった一日となりました。

・・・・一人じゃなくてほんとえがった・・Fuuu。

で、夕方から乙女友達

略して オトメダチ


と、まことに美味しいお酒を飲んじゃったであります。



に、しても・・。
相変わらずアニーはOKAMAちゃんみたいに見えるなあ(笑


■■■ちょっと・・・
2011/08/06 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ドキドキした一日でした
今日。

まあ、考え始めるとちょっとどころでは済まない、ドキドキを抱えています。



明日ね

何年も憧れてた人を、生で見られるのであります・・・。

勝手にフォ~リンラヴ 状態なので、頭がわいておるのです(笑


シアワセなんだけど、冷静に考えると「カワイソウな子」にも思えます、アニー自身。

でもっ。
なかなか、この性分は変わらぬであります。
困ったもんたい。



■■■なつなつなつなつ♫
2011/08/02 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
8月なってますよ、奥さんっ。

あつがなついでありますな。


アニーは夏バテなく元気です。
上半期は、えらく体調がすぐれぬ日々が続いた気がいたしますが、誕生日過ぎてからわりと健やかに毎日を送っておるです。

しいていえば、0時前後から眠くなくなるので、どうしても朝方にしか眠りにつけないことでせうか。

なので、朝から用事がある日が連続すると、どんどん弱っていきます(笑


今日はですね、飛び上がらんばかりに嬉しいハガキが届きました。
あるイベントの当選ハガキなのですが、もうあきらめておったので嬉しさハンパなかったす。

運期が上がってきたでありますよ~~~

と一瞬調子に乗りかけちまいましたが


ふううう

危ない 危ない。


先月、出雲大社に行っておみくじひいたのですが、まんまと

「本年は、油断大敵にして百事注意して行動しなさい・・・」

と自分でも、うすうす思っていたことをズバリ言われてしまったので、
浮き足立たずに日々すごさねば。

ま。
調子乗りなので、「もっと慎重に行動して生きてけよ」ってメッセージは身にしみるです。


占いはあまり信じないのありますが、おみくじは心に留めておきたいのでぃす。
その年に、そのおみくじを手に取ったことは、必然だと思うような出来事もありましたし、、、

たとえば、受験の年に【大凶】。

【大凶】ですよ!!
こんな運が良いことってそうねいですよっ。
「中吉」「末吉」なんて良くあるものではなく(大吉も多いらしいですが)、ほぼ遭遇することのない【大凶】ですから。
あの時は、心の底から嬉しかったでぃす。

もちろん合格でぃす。
たぶん、大凶ひいたのアレっきりかな・・。

そんなわけで、どこかよりのメッセージは大切に。

HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。