■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■なあんでか。
2009/07/29 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日は車でちょいと出かけたのでありますが、おもしろい車に出会いました。

車自体がおもしろかったわけじゃなく・・・“なにかが?”的に。

信号待ちしてたら、後から宣伝カーみたいな大騒音車が近づいてきて「うんも~~~」なんて思ってたらば、ソレは宣伝カーではなくエロかっこいいが売りの女の子の曲をガンガンに流しておる、オープンカーだったのでございます。

オープンですよ、オープン!
左ハンドルで音響設備とかにも、驚愕するほどお金かけてそうなのに、流してるのは倖田 來未ちゃん。

・・・・・・・。

いや、好みはね、別にいんですけど、たいていエイベックス系よね、騒音大音量車って。
あれは何故なのでしょうねえ?
Aaron Navilleとか流してる車いないですよねえ  (笑
ボッサとかも大音量で流してるの聞いた事ないなあ・・




助手席にお姉ちゃん乗っけて、排気ガスだらけの国道をノロノロと走ってゆくオープンカー。
「みんなーーー!」というライブ盤であろうMCが曲の合間に入ってるところも、何ともいえないこっけいさを醸し出してて、妙に印象に残る遭遇でありましたとさ。
スポンサーサイト
■■■そうだよNE やってるNE
2009/07/28 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ほんとに、毎日暑いんだか涼しいんだか分からない日々でありますな。
大きな災害も起こったりして、すっきりしない夏ですよねえ。

つか、なんですよねえ?
まあ、普通に暑いと感じる日もあるんですけど、この時期に長袖を着てることって、過去あまりなかった気がするので、自分的には“妙な”感じがする毎日であります。


さあ、そんな大人のぼやきは置いときまして、確かなのは子どもたちが夏休みに突入したらしいことであります。
あり得ない時間帯に各所で子どもがはしゃぎ回ってるのを見るにつけ、「ちっ」と舌打ちしてしまう、小さき心の持ち主アニー。
そんなアニーのここ数日の気になる事は、ただいま大好評開催中のアレであります。



ninpo.jpg

そう、これ。
奈良国立博物館で開催中の
「 聖地寧波 日本仏教1300年の源流 」


夏の間には行きたいにゃあと、ポヤアアアンと考えておったのですが、いま展示されてる清涼寺の国宝 釈迦如来立像は今月の30日までだっていうし、アニーのお目当ての泉涌寺の楊貴妃観音は8月2日までの展示だっっつうではないですか?!!

「EEEEE!聞いてないYOOOOO!]

ですね。まさに。

楊貴妃観音kannon.jpg は、

泉涌寺で見るときは結構遠くに鎮座されておられるので、今回間近で見られるのを楽しみにしてたんですが・・・はたして2日までに行けるのだろう・・かしら。

ま、ケセラセラ~ で自分成り行きに任せよう。
だってそんなお年頃だからさっ♪

きゃぴ。
■■■お疲れちゃん。
2009/07/26 Sunわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
本日は、大勢の観客の前でお歌を歌ってまいりました。

アニーの活動ではなく、プライベートに近い感じなんすけど。
男の子とペアで3曲ほど披露してきたです。
エクザイルとか、アニーがまともに聞いたことがない曲ばかりだったので、歌詞を覚えるのに、とにかく苦労しましたが(決して歳のせいではありません!)、大きなミスもなく無事に終わってホッとしております。

それにしても、舞台上での自分のハッタリには我ながら感心するでありますよ。
やっぱりそういう人間なんでせうねえ・・アニーとか全然関係ないはずなのに、舞台に立ってると自然に顔出してますからね。

自分は合唱クラブにいたせいか、ハモるのがわりと好きなので、今回思う存分ハモリが出来て非常に楽しかったのでございます。
お客さまから、お金を頂いてのイベントなので、本番近くは“キチンとしたものをお見せしないと”というプレッシャーで、軽いスランプ気味な日が続きましたが、相手の声と自分の声がきれいに響き合った時の気持ち良さは、しばらく忘れていたものでした。
たまには誰かと一緒に歌うというのも、良きことでありますね。



さて、しばらくぶりに観客の前でパフォーマンスをしたせいか、アニーの公演を早くやりたい気持ちがニョキニョキと表に出てまいりました。
色々と新しい試みをしてみたいので、準備期間もしっかり取って、今までとはまた違った舞台を作りたいなあ・・なんてえ事思っております。

仕事も落ち着いてきた事だし、そろそろ行ったらなあきまへんな。
うんうん。


■■■てんたいしゃんそんべんてんショウ
2009/07/22 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日は皆既日食でしたね。
皆タマも空を見上げていらっさったのでせうか?

もちろんアニーは寝てました  (笑

間がよいことにお休みだったので、「日食メガネはないけど、木漏れ日とかで三日月型になる影でも見て楽しもうかしら」なんて風流心出していたのですが、いざ今日という日を迎えると、夕方まで寝ておるという体たらく。

しばらく健康的なリズムの日常だったのでありますが、ここ数日は夜眠れない日々が続いておりましてね。
仕事があっても、朝にならないと眠れないという、あまり喜ばしくない状態なので、こんな事になってシマウマなわけでいす。


さ、そんな話はどうでもよくて、草食系男子の実態についてですが、最近知り合った19歳の男の子と何気なく話しておった際、どういう流れかその子の異性関係について話題が及びました。

なんといっても19歳男子ですから。
アニーの学生時代の男友達なぞを思い出しても、それなりにエネルギッシュであった気がするし、知ってる大人は40代50代でも色気がある人ばっかりなので、そんなノリ(?)でアニーはおりました。

「現在は彼女がいない」という話で、「へえ、じゃ淋しいでしょう」みたく普通の返しをしたらば、「いや彼女とか面倒だし、一人が好きなんで」とサラリと返答され、まずそこで「オヨ?!」となりました。
別に強がってそう言ってる風でもなく、オタクでもなく、女に追い回され過ぎて困るほどの美形でもない普通の男子なんすけど、どうも異性としての女性というのに全然興味がないらしいのです。
「彼女とかといると気を使って疲れちゃうから嫌なんすよね、そんなに性欲もないし・・・・・」なんて言われちゃった日にゃ・・ねえ。。。

すごく感じのいい男の子で、実家暮らしの社会人だからお金もあって、見た目もお洒落で、どちらかというとモテそうな子なのに、《そっち方面には全く興味がわかない》なんてえのは実に勿体ない!とアニーは思ったのですが、皆タマそう思われませんこと?

大体、「めんどくさい」ってなんなのさ?!
「めんどくさいから好きにならない・彼女も欲しいと思わない」って、そもそも生物としての本能に反した感がありますよねえ。
きっとそゆ子は好戦的ではないだろうから、そんな子が世界にいっぱいになれば戦争はなくなりそうな気がしますが・・・う~~ん・・子どもは少なくなりますわなあ。

どこかの学者さんが、“オスはそのうち地球上からいなくなる”的な説をとっておられるようですが、確かに生殖の必要性がなくなれば、遠い未来には女性だけの世界になってるのかもしれないであります。


ただ、アニー的にはそれじゃおもしろくない気がするので、件の19歳男子にはさんざん夜遊びのススメを語っておきました。
■■■実録!!
2009/07/17 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
見ました?!
『僕らの音楽』に我らが 狂剣 さんが出てらっさいましたね。

アタクシはケンさんのブログ見てたので、予習は出来ておりましたが、ノっさん相変わらずカッコE=ネでした。
この前のLIVEの興奮が再燃してしまったであります。
でも、もう一曲くらい演奏してほしかったなあ。


茂木さんとの話のなかで、「生涯現役」という言葉が出てきましたが、男も女もそうありたいよねぇ とアニーはいたく思います。

アタクシが狂剣バンド好きだったり、たとえばアイズレーブラザーズ好きだったり、JAZZとか昭和歌謡とかFUNKYな音楽が好きなのは、そこに“ 色気 ”があるからです。
男と女の間にあって、ソノ気にさせ得る音楽であるからだと思うからなのです。


・・ ちょっと気になる相手と二人でおでかけ。
  大人な感じの店で食事して、緊張がE~感じに
  ほぐれてきた所で、2軒目のbarかなんかに
  行って。
  普段は飲まないカクテル片手に潤んだ瞳でみつめあう・・・・

みたいな時!
BGMに生のjazz演奏があったりしたら完璧じゃないっすか?!!
って声おっきくなってしまいましたが(いや、ブログじゃ伝わらねえっすが)、どこかエロスが漂う大人な雰囲気って、音楽にはとっても重要だとアタクシは思うのです。

男 男  でも 女 女 のカップルでも別にい==のです!
とにかく、好きな相手がいて、色気のある雰囲気醸し出す~~~みたいな気概というか、生き物としての本能を全開モードにするようなことって、とっても大切だし素敵なことだと思うのであります。

出家したいとかならエロス的なことに興味なしのが断然い~けど、そゆことに全く興味ナッシングな人って、はたして魅力ありますか?
アニーは、やっぱり色気のある人のが好きです。
主観の問題だから、異論反論あるでせうが、最近よく耳にする草食系男子とか、もうガッカリこの上なし。


なのでね、音楽も大人の色気があるのが大好物なのであります。
音楽も人間もフェロモン出さなきゃだめでいすよ。うむ。
なので、じゅん先生とかタモさんとか狂剣さんとかにゾッコンMYラヴなのであります。



そんなアニーなのですが、本日草食系男子本人と話す機会があり、その実態を色々耳にして驚愕してしまいました!

その模様はまた後日。
■■■~~的な。
2009/07/15 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
~~的な人


と言われたらまず何を思い浮かべますでしょう?

猟奇的。
オタク的。
いもうと的。


今アタクシの脳にひらめくのは、社長的であります。

つい先日、社長的な人に会ったからなのでありますが、どの辺が社長的であるかといいますと、まずポロシャツ。
しかも襟を立ててのーーポロシャツ。

しかも半パン。
脚線美なんぞはお構いなしのーーー半パン。

そして、とどめは頭にグラサン。
今どき梅宮アンナもしてなさそうなーーー頭にグラサン。


アニーは海外未経験ですが、やはり芸能人さんが必ず正月に行くワイハなんぞには、このような格好の人がうようよ居そうでいす。
芸能人さんと同じくらい、社長業の人もワイハには行ってそうだから、やっぱりこの出で立ちは社長的なのでいす。


その出で立ちに加え、なんとなく醸し出すオーラや様子が(人の話を聞かないところとか・・・)社長的であるなあとアニーは勝手に考えておったのでありますが、ゴルフの話が出るにいたり、それは確信に変わりまちた。

やっぱりゴルフは社長的なスポーツであります。
誰がなんと言おうと、社長的なのです。

社長がカバティをするでせうか?
社長がドッジボールをして、社員からおもっきし球をぶん投げられたりするでせうか?


・・・・・ほら、ね。

やっぱりゴルフなんですよ、ええ。


というわけで、アニーの野生のカンで社長的なレッテルをはられた彼の御人。
職業聞いてみたら、やっぱひ 自分で会社やってる=社長 でございました。


■■■つ・・ついに。
2009/07/13 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
クリアしました。

ふぇ~ん。
ちょっと涙が出てしまいました。

恥ずかしながらゲーム話であります。

ケロロ軍曹を目指してーーーなんてわけじゃないのですが、この歳になってゲームに目覚めたアニー。
とは言っても、マイTVを今DOKI持ってないアタクシなので、もっぱら家族が留守の時とか夜明け前とか、一昔前の中学生のような家族の目を盗んでビデオを見る 的にしかプレイできず、全然ゲーマーさんの足下にも及ばぬ遊び具合なんすが。

で、ここ数ヶ月・・メイビー春頃からずっと懸かりきりだったゲームを昨日やっとクリアできまして、心底「YATTA!」となったわけです。


面倒くさがりなアタクシにしては珍しく、マメにセーブとかしながら地道に頑張ってたのでありますがね、なぜだか中々クリアできず、3回めにしてやっとハッピーエンディングを迎えることができたのであります。
ヨヨヨ。



これね、ただ遊んでるわけではございませんよ!
次の作品のための、いわば勉強なんすから。
ええ、そうですとも!

あれほど理解に苦しんでたBLの世界に、それとなく足を踏み入れつつあるのも、今後のゲイの=芸の幅を広げるためなのです!
決して腐女子になりたいわけではございませんよ!!


いやあ、芸の道というのは奥深くて大変だあ(?)
■■■寺もの探訪。
2009/07/11 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今回の京都行きの目的第二位=山寺  なわけでいす。

そうなのでいす。

もう何年も「逝きたい」
・・・・
いやいや「行きたい」

と思っていた神護寺に遂に行ってまいりました。


さすが!な山寺ぐあいです。
修行以外のなにものでもないような場所にあります。
というより、アニーの日頃の運動不足振りが大いにアピールされてただけなのでありますが・・たどり着いたときは虫の息でありましたね。

ただ、京都市街から離れているだけあって、その清涼感に身も心も癒されはしました。

090706_1355~01

お寺さんに行くのが大好きなアタクシですが、さすがに乙女一人で山寺はねえ、物騒な世の中ですから、、ええ。
そんなわけで、お一人さまでの行動が多いアニーはなかなか行けずにおった念願の場所なのでございます。
で、ココは  訪れるのが“間違いない”と勝手に考えてもおりましたが、まさにビンゴ。

090706_1400~01

暑いせいか観光客もほとんどおらず、神域に入った途端ガラリと変わる空気が心地よくて、
しばし下界を忘れることができました。

神護寺の薬師如来は国宝に指定されてて、平安時代に作られた立派なご本尊さまであります。


さて、見仏という目的をもって向かった神護寺ですが、思わぬオプションがついとりました。

かわらけ投げ』というのが名物ということが到着してから発覚しまして、むしろ見仏よりもそっちのブツが楽しみになったアタクシは、心躍らせてその場所にむかいました。



090706_1514~01


『かわらけ』というのは素焼きのちいさな茶碗みたいなもので、山の上から谷川に向かってそれを「セイっ」と投げると、運がよければ上昇気流に乗って、そのかわらけがフワっと浮上し快感よ。。。
みたいなもんです(一応厄除らしいですが)。

とにかくご覧のとおり ↓

090706_1516~01

たっかいたっかい場所から、“お茶碗を投げつけてやる”という行為が、普段タブーなことなので、そりゃえも言われぬ爽快さな訳ですよ。 
ストレス発散にはもってこいさ~。


そんなわけで、アニーの華麗なる 投かわらけ の姿をしかとご覧あれ。




かわらけ


すばらしいですねえ。
決定的瞬間をとらえておりますねえ。

まさに、かわらけが手を離れた一瞬が写っております。
いやー見事見事。
さすが、アニーの信頼するキャメラマンであります。 
今後ともアニーの映像をよろしくお願いしまっす! (笑



で、結局、やっぱエエもんですわ、寺は。うむ。
街の寺は街の寺。
山の寺は山の寺。
どちらもそれぞれの趣と味わいがあって楽しいであります。

まだまだ行きたい寺は☆の数ほどありますのでね、足腰に自由がきく内にどしどし訪問して行かねばなりません。

がんばるんばだぞ!オ===!



といわけで、今回の京都旅行記はこれでおしまい。
■■■ばびゅん==
2009/07/08 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
一足お先に京都に行ってきちゃいました。

何が『 一足お先に』なんだかさっぱりですが、まあ、先日紹介いたしました、みやじけいこ史の個展を観に~というわけで。

今回は同行者がおったので、道中もすっかり旅気分でした。



ほーーれ、このように → 090705_1356~01
 優雅に肉饅なぞをほうばっておりますよ、この人は・・。



で、今回の目的である、みやじさんの作品は、写真を基にしたもので、今回はインスタレーション作品が主でありましたが、かなり繊細な雰囲気で、ああいった作品を見るとその人の精神世界をちらっと覗いた気がして少しドギマギしてしまいます。
元々、キレイな作品を作っておりましたが、それが更に進化しておりましたね。

なんと言うか、まさにアート作品という雰囲気がして・・アニー的にはもちっとダイナミックさがあっても良かった気は正直しましたが・・・・んでも、長時間見ていると、かなりおもしろいよなあと素直に思える作品なので、興味のある方は是非のぞいて見て欲しいっす!

11日の土曜日までやっておりますでね~。






さて、一日目は個展行って、ちょこっと街をふらふらして終了。
二日目の模様はまた明日にーー。


■■■おしらせ おしらせ
2009/07/04 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
はい!
皆さまご注目。

koten.jpg



アニーの輝けるハイスクール時代からの友人、みやじけいこさんの個展が開催中でっす。
京都は地下鉄東山駅のすぐ近く、
[ galerie 16 ] さんでやってます

tizu.jpg


それにしても・・・みんな頑張って制作つづけてるよなあ・・・。
こんな友人に囲まれてるの(??)が、じつは自慢であります。ふふん。
■■■にわか主役。
2009/07/02 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
昨日アニーは、一瞬だけ主役になりました。

ほんの一時間・・あるかないか位の微妙さでしたが。

みんながね、お祝いしてくれたのでありますよ。ほほ。

大きな声じゃ言えやせんがね、いえ、ほんと、ここだけの話にしといてくだせいよ、旦那。
実はあっしは・・・・・

もうすぐ 誕生日 なんでごぜえやす、へい。

いやいやいやいやいや!
そんな世間様にお知らせするようなもんじゃねえんですが・・・ま、ね、気持ちの問題でごぜえますから、へい。

いやいやいやいやいや!
そんなたいそうな祝いなんぞしてもらっちゃあ、申し訳なくって明日っからお天道様の下を大手を振って歩けませんや。

いくらあっしの 誕生日 だっていいやしてもね、へい。



って、勝手に落語調で何言ってるんだか、でありますが、要するにアニーはもうすぐ23歳になります。


・・・・くすっ。

所謂、サザエさん方式でございますね。
イクラちゃんが永遠に「バ~~ブ!」であるように、アニーも末永く華の23歳であります。

そんなわけで、お祝い品を頂戴したりして、「こんなダメ人間のあっしに・・・」と恐縮至極だった昨日なのですねえ。

センスの光る、素晴らしきモノの数々だったのでありますが、その中の一部をパシャリしてみました。

b.jpg

皆タマ、どうもアリガタウ。



P.S  ベースボールって結構い~ね い~ね イ~~~ネ!!
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。