■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■12人の怒れる男
2009/01/31 Satキネマのベンチ
シドニールメット監督の名作中の名作でございますね。

本日、しばらくぶりに観ました。
そして、不覚にも涙してしまいました。

思えば、中学生の時にはじめて、「12人の怒れる男」を観たときは、若さゆえの壮絶な感動に胸が震えました。

「こんな素晴らしい映画があるのか!」
「密室劇でもこれほどまでに、おもしろい作品が作れるものなのか!」

と、しばらくは興奮が修まらなかったものであります。

さきほど、「若さゆえ~」と申しましたのは、やはり当時の正義感の強さと視野の狭さのことが思い出されるからであります。

ま、あらためてこの歳で観ると、また違った視点を自分が持ったことに気付いたから、そう言えるのですがね。

なんと言いましても、最初に無罪と主張するヘンリー・フォンダの存在感と疑問を投げかけてゆく弁舌の巧みさは、今でもまったく素晴らしいと思うのですが、その他の陪審員の一人一人がこれまた説得力のあるお芝居をされているのでございます。
むしろ、11人のおかげでヘンリー・フォンダが“立たせてもらっている”みたいです。

昔はたんに、緊張感のある内容とストーリーのおもしろさに引き込まれて「ダ===っ」と観終わっただけでしたが、今回は《奥行き》と言いますか、有罪を主張する面々までじっくり感情移入して観られた感じで、それは自分のこれまでの経験が少なからず反映しているのだらうなと思いました。

じりじりした蒸し暑さと、その効果。
それぞれの人物の立ち居振る舞い。
アップと引きのショットの使い分け。
よく演劇では対立の構図を頭に入れて、芝居したりしますが、それをかなり印象深く使って、ごく自然に観客に物語の進行を伝えていること。

今回は、そんな細々した所もみられて、丁寧に作品の世界に入っていけました。

そして、いはゆる正義の“敵”であるところの、最後まで有罪を主張する【第三陪審員】に感動して涙したのは驚きでありました。

これは、中坊の時代にはなかったことです。

なんとなく大人になった感を、自分、感じてしまったであります・・・。


まあ、この傑作をモチーフに「12人の優しい日本人」が作られた時には、まったくのフィクションとして笑っておりましたが、我が国でも陪審員制度が導入されるとなっちゃ、“他人事”としてへらへらしてもいられなくなったわけで。


まさか、自分が映画のような立場になるかもしれないなんて。。。

人生まったく分からないもんでございますね。

そんなわけで、たぶん今後どんどん上映が推進されていくであろう「12人の怒れる男」
皆様も、いまさらながら見直してみても損はありませぬよね。
うんむ。
スポンサーサイト
■■■かっちょええなあ。
2009/01/30 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
見てしまいました。

ユニコーン!

再結成のユニコーンでございますよ。

噂は耳にしておりましたが、実際にこの目で見ますと(TVですが・・・)ちょっと感動いたしますね。

ここ数年でいちばん観客がよべるバンドの再結成なのではないかと思うですが、如何でございましょう?
周り見ても、男女問わず、年齢問わず、好きな人が多いバンドだと思うのであります。



・・・うぬう・・ライブ行きたいっすなあ・・・・・。
■■■さて。
2009/01/28 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
怒髪天をつくーーー感じでニュースを見ていた昨日。

じつは、とてもハピハピな日中を過ごしておったのでありました。


と、言いますのもそれはそれは貴重な本を「ほい」と思いがけず、いただいたからなのであります。


TS3C0180_convert_20090129004829.jpg

安部公房さんの戯曲を三冊も。

アニーはバイト先でも芝居をやってる事を吹聴してまわっておるので、芝居の話をお客さんとすることがよくあります。
で、先日、カフカの話からドイツ文学~~安部公房さんと話題が流れた際、

「安部さんの戯曲はほとんど読んだことがないのれす」
「というより、【砂の女】しか読んでないのれす」

と自分の不勉強を自信をもって語ったところ、その方が翌日にこの三冊をプレゼントしてくださったのでございます。

嗚呼、なんとありがたいことでござろう。

ハードカバーの立派な本で、しかも一冊には大変貴重なものが挟まっておりました!

TS3C0181_convert_20090129005901.jpg


安部さんご自身が演出をなさった公演のチラシです!!
しかも、左上の写真でお分かりのとおり、山口果林さんもばっちり出演されております!

う~~ん、これは貴重な品だあ。

たぶん多くの人には価値のない品かもしれませぬが、ある人たちにとっては時代の証人みたいな品であることでせう。

しばらくこういった戯曲は読んでおりませんでしたが、久しぶりに不条理の扉を開けるのも良きことかなという心持ちになりました。
■■■あ=  ぬ=
2009/01/26 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ニュースを見ていると腹立つことばっかりであります。

ついついテレビに向かって怒ります。

定額給付金がもらえれば、そりゃ確かに嬉しいけれど・・・大切な国の予算をこんなアホな(あえて言う!)政策に注ぎ込むなんて・・日本人として情けなくて涙でてくらあ(暴れはっちゃく父の気持ち)。

なんでも「総額2兆円規模の定額給付金ですが、国民への給付とは別に、給付事業の実施に825億円もの経費がかかる」ーーらしいっす。
「うち給付金の振込手数料は約150億円に上り、自治体職員の残業代や給付申請書類の郵送代も発生する」ーーらしいっす。

国の政策なのに、ほとんど地方に丸投げして、各自治体の負担も相当ひどい。


アホか====!

政治家はアホばっかりか====!!


どんな富裕国じゃあ、コンチクショウ。


新聞見てても、40代の男性が自宅で餓死したなんて記事が載ってるくらい・・働きたくても、職がなくて家もなくて食べるものもないような若い世代がいるような国なのに・・。
誰がどう考えても、そんなビジョンも何もないようなお金のばらまきで景気が上向くわけなぞあるかああ!

今回の給付金は、本来は国債償還に充てる予定だった剰余金を使うらしく、今回の施策のため、国債費(利子・償還費用)は、毎年約800億円も膨らむ計算になるそうで・・・ほんと・・政治家は選挙の事しか頭にないのでありますな。
そして、バカばっかりなんでありますな。

たとえ学校のおベンキョが出来たとしても、世界情勢に目を向けてたとしても、とんでもなく現実の見えないバカばっかり。

お金というものの大切さが全く頭にないような人間が日本のトップにいるなんて・・・いっそ共産国になっても良いんじゃないかと極端な話、思えてきますな。

みんな苦しい生活だもの。

ボーナス的に何万だか入ってくれば嬉しいに決まっとりますが、基本的にはホームレスさんにも給付されるという話ですが、住民基本台帳から削除され、居所を転々とする人は「捕捉(ほそく)しようがない」っつうことでもらえないかもしれないそうで。
一番切羽詰まってお金を必要としている人に流れなかったりするんじゃ、ど~しようもない駄作(ダメ政策)でもうコメントのしようもありません。

国を思って、市井の一人一人の幸せを考えて政を行うという政治家っていうものは、ツチノコみたいに幻の生物なんでございましょうなあ。


■■■きゃわゆい。
2009/01/24 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
TS3C0177_convert_20090124001153.jpg


どう~すか?
このキャワゆきイラスト。

某有名アーティストがアニー(左)とアニー上司(右)
をさらさらっと描いたものですよう。
あんまりキャワゆいもんだからいまだに保存されておりまっす。

仕事中、「ふんが==」ってなった時はこれ見てなごみます。


そういえば、去年のいまごろは、アニー自作のガオーーさんのイラストが心のオアシスだったでありますなあ。

現在、オリジナルのガオー絵は傷みが激しくなってきたので(笑)、アニーの宝物ブックに大事にしまっているのであります。はい。
■■■つづき。
2009/01/21 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
さて。

件の広告写真がこちら

   

kao1.jpg


残念ながら、目は隠させていただきましたのでちょっと分かりにくいやも知れませぬが、
イヤイヤそれにしても・・・。
そんなに書かんでも・・な額のしわ。
そしてコチラも

   

kao2.jpg


上の女性の48歳もあまりに無理な見栄えでございますが、下の女性は53歳という紹介で・・。

“いくら何でもそりゃ言い過ぎでっせ”なafterの写真でござる。


いやあ、笑った笑った。

■■■むしろ・・・・
2009/01/19 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日は朝から騒音のオンパレードに起こされる始末でした。

市議会議員の選挙があるらしく、2重奏・・いや4重奏くらいの「○○でございます!」「△△をよろしくお願いします!」という公害車の巡回にやられました。

選挙は大切で、名前を覚えて認知してもらわねば な必要性も分かるでありますが、あればっかりはたまらんですね。
しかも市議会となれば狭い範囲のことだで、ひっきりなしに誰かしらが近所をめぐってくるだすよ。

むしろ、ああいう選挙活動をしない人に投票したくなってしまいますな・・ふうう。



さて、そんなわけで本日はお休みだったにも関わらず早起きしてしまったのでありますが、
新聞の折り込みチラシにとんでもない一枚を発見してしまいました!

衝撃的・・いなっ!!

笑劇的な写真が載った広告です。

美容に関する広告で「このコラーゲン or アミノ何とかを続けて飲んでいると、こんな劇的変化が~~」みたいな感じで、数人の妙齢の女性のbefore afterの顔写真が載っておるのですが、もうね、誰がどう見たって細工しまくり・手を加えまくりの加工写真なわけです。

いくらなんでもそりゃないよ

なvow的ナイスセンスな写真。




その笑劇写真は・・・・・・次回へつづく。
■■■朝も早よから。
2009/01/16 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日は珍しく早起きしました。(自分時計で)

そんなわけで、朝ご飯食べる時間があったので、なにげなくTVをつけておりましたらば、
朝っぱらから「幸福の王子」のお話を、某国営放送がやっておりました。

もちろん子ども向けだから、そんな時間にやっておるのでせうが、すがすがしい午前中にあの話をみてしまうのは・・・正直しんどかったれす。

見なければいいわけですが、なんといっても「幸福の王子」ですよ!
名作中の名作ですよ!!
むしろ大人の方が感動するお話ですよ!!!
食い入るように見てしまいますね、そりゃ。


そして、朝から号泣ですよ。
これから仕事に行くっていうのに涙涙でありますよ。

結末が分かってるのに、何度でも感動するお話というのは素晴らしいでございますね。
オスカーワイルドさんアリガタう。



ところで、アニーにはずっと頓挫したままの“したいこと”があるのでありますが、それのストーリーの何となくはずっと頭にあったのですが、なかなか発展させることができずにここ何年も過ごしてきました。
それが本日「ふ」と細かなプロットが浮かんできたので、このプロット作りを更に進めて、春までには脚本書き上げたいにゃ~と目論んでしまいました。
それは、キャストも一人でやっちゃうというわけにはいかない物なので、準備が大変なのでありますが(その為になかなか前に進まんかったです)、ブログに書いてしまえば自分にプレッシャーかかるですからね。
ものぐさのアチシも動かぬわけにはまいりますまい。

皆さんのお目にかけられるのは、まだちと先になると思いますが、動き始めたら経過報告なぞしますでね、でうぞお楽しみに・・してくだはい。



■■■独白
2009/01/14 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
ここ何日か頭にこびりついてはなれないこと。


「アタック25の『アターック!!!』って声は・・・ものすごい気合いだ」


今さらながらあれはスゲイと感心至極。
鬼気迫るかけ声でございましょう。

たぶんあの録音の時、かけ声出す方は一ヶ月以上監禁されてて、サイコ映画のような虐待を受けてて、〔「アタック!」が上手く言えたら解放してやるぜ〕的な状況だったに違いない。
■■■マーベラス!
2009/01/13 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
世の中にはいろいろな人がおりますな。

みんな社会に適応した人格しか表には出しませぬが、それでも随所に「お~もろ~~」な部分が見え隠れするもので。
普段、別に芝居の題材を探してる訳でもないのに、こういった「お~もろ~~」な部分がどうにも目につくのは仕方のないことでござるかしら。


話変わって。

空前の執事ブームが席巻中らしいですが、アニー的にはいまだ乗っかれん感じであります。

若いイケメンの執事

つうのがいいのか、冷静(冷徹?)沈着、私情を挟まず御主人様に仕えるってのがたまらんのかはよく分かりませんが、イマイチ萌え~~ません。

それより、今アニー的萌え~は「ヴァンパイア」「男子高校生」の二大巨頭で占められてます!(笑)
『ヴァンパイアの男子校生』なんていた日には(もちろんいないけど)、オイルショックぐらい大変な騒ぎになっちゃいますね、絶対。

自分でも“大丈夫か??”と心配になりますが、萌えブームも年によって変わるもんでありますから、しばらくはご勘弁を。

■■■どこもかしこも。
2009/01/11 Sunわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
年のせいか・・・もちろん歳のせいでせうが、ひっきりなしにどこかが悪いアニーです。

頭と顔が悪いのは、はなっからあきらめてますが、皮膚のトラブルやら胃腸器系やら、年末からは顎がずれてるせいなのか、口を開ける度に耳の辺りに激痛が走るという症状にもみまわれておりました。
この症状は去年の春にもあったので、マジマジで病院に行くべきだとは分かっておるですが、、ま、なかなかど~して、ね。

今日は驚く程痛い頭痛が当然来襲してきたしいい・・これが厄年冥利につきるってやつなのでせうかね?
幸い事故などにはみまわれておりませぬが、いろいろ不具合がおきるお年頃。

「お酒大好き~」
「鳥皮大好き~」
「ジャンクフード大好き~」

と、いつまでも調子にのってては、絶対ダメ!な証なのでございましょう。

む~ん、やっぱり。。。

お互いいつまでも無茶できるわけではねえですなあ、アハハーー。



さ、そんな感じでとりあえずは早め早めに病院に行くよう心がけしましょうぞ!



■■■ボ・ス・ケ・テ・・・・
2009/01/08 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
「ボス たすけて・・・」

略して「ボスケテ」


今の気持ちはこの一言につくであります。
んア=====
疲れたびい。

新年度にはブログも新しいデザインにしませう。
っと目論んでいたにも関わらず、どうしても自分の思う通りにしようとすると、htmlやらスタイルシートやらの壁に阻まれ、虚しく時間だけが過ぎてしまったのです。

とりあえず、今、出来立てほやほやをアップしてみました。

まだまだ変えたい部分があるので、自分でももっと勉強して、今後いろいろと手を加えていくつもりであります。
■■■ここにもいるゾ!
2009/01/06 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日、失笑カップル目撃しちゃいました。
ささいな発見も誰かに言いたい年頃のアニーなので、迷わずご報告。

先日自分もガチャポンしたばかりなのですが、本日たまたま目に飛び込んできた若い男女(ガラスの十代らしき二人)も、今まさにガチャってきた様子で、「うわ==何これ、いらな~~い。ッキャッキャ・・・」などと盛り上がっておりました。

「そうかそうか。いらないか。」
と微笑ましくその二人を見ておりましたらば、ガチャポンを手にしていた女子が、一瞬ケースを開ける素振りをしたと思ったその瞬間っ!!!

「やだ、無理いい。」

っと、同じ女性としては無性にイラっとくる可愛こブッリコな表情で、未開封のガチャポンを男子に手渡したのです!
そして手渡された男子はっ!!!

「しょうがねえなあ。カワユイやつめ。。」← たぶん心の声はこうだった

みたいなデレついた顔して「パカッ」とopenしておりました。

「おい。それネタか?」という激しいブリザードと共に、そこはかとないおもしろさがこみ上げて、しばらくは口角上がりっ放しのアニーでした。

ビンの蓋とかさ、プルタブとかさあ、そんなんだったら十分あっしにも分かりやす。
でも、でもさあ、ガチャポンはないよね?
しかも女子全然自分で開けようとする意思なかったもん。

「爪に傷ついたら嫌だから、アンタやってよ」
ってむしろ言って欲しかったぜ。

「はかなげでかよわくて守ってやりたくなっちゃう、そんな女の子演出しなきゃだから、とりあえず渡しとく」
みたいな心の声がアニーにはひしひしと伝わったのに、あれほどニッコニッコな男子の姿がまた笑顔をさそうことであったよ。


江古田ちゃんネーミングの“猛禽”女子(分かる人だけ分かればよし!)の姿を久しぶりに目の当たりにしたさわやかな午後でありました。


・・・そういえば、江古田ちゃん読むとアニーを思い出すと一時期はよく言われたもんだすなあ・・・・・。
コメント(0)
■■■祝い 祝えば 祝わずとも
2009/01/05 Monわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
みなさま 新年あけましておめでとうございます。

すっかり(いつもどおり・・)ご無沙汰でございました。

アチクシ正月休みを利用してワイハに行っておりました。


もちろん嘘でいす!!!
昔の正月の過ごし方にならって、しっかり引きこもりの初春でした。
なんと本日、2009年初めて屋外に出たんであります。
ちょっとした籠城だよねー。
DA・YO・NEー SO・YA・NEー。

そんなわけでラガルトに行ってきたのです。
ガチャガチャってきました。
初ガチャでレアらしきデザインを引き当てました。

TS3C0164_convert_20090105004832.jpg

やったぜ 加トちゃん!

こいつは春から縁起がE~やあ。


コメント(0)
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。