■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■振り返れば日記~その1~
2007/11/30 Friわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
無茶してきたよ。
・・・やっぱりだね、予想以上に負けた・・・・。

「1キロ減っらして、2キロ増やすっ」

という、チーターの歌のような荒技を二日でやってみせました。


20071130225745.jpg


そうです。
今回の旅の目的第一位は、友人の結婚式に出る事。

これ、東京滞在二日目でした。
1日目は昔の職場に行って、懐かしき人たちに会い、ついつい朝帰りな状況でした。
この時点で、ラリパッパにご機嫌さんなアニーでした。



20071130225759.jpg

20071130225811.jpg


会場は、今話題の表参道ですよ、あ~た!!
お洒落上級者ね~~~~。しかもお料理が激うま!
すてきな披露宴に美味しい料理・・・披露宴からちと飲みました。

そして、二次会はこれまたお洒落な青山のお店。

ここで、さらにヒートアップ!!
なんだか分からぬけど、ワインを「チョイサっーーー」って飲んじゃいやした。

・・・皆さん、大学時代の友人と飲む時はお気をつけあそばせ。
と、いうより、アニーが勝手に“あの頃”の自分に戻ってまい、老体を顧みず無茶してまうのがダメダメなんすけどね。

とにかく、はしゃいでまうのね。 飲んでまうの。
頼まれてもないのにねえ・・・二次会の辺りから記憶が飛んでまっただよ。
そして、用意しちもらったホテルが素敵でね~~、部屋についてからやっと友人である花嫁とゆっくり話せるようになったつ~ことで、さらにヒートアップ!!!

ほとんど記憶が残ってないけど、飲んだのよねえ・・・・。

そして、ここからが大変だったんだけど、結婚式翌日。
朝6時にパチっと目覚めました。

もちろん二日酔いです。
「ここはどこ?!」状態です。

吐いてしまいました・・・。 お恥ずかしや。


七回も・・・・・。

クリビツギョーテンです。
本気で死ぬかと思いました。というより、《いっそ死にたい》と思う程苦しみました。
 脱水症状です。 点滴必要です。 
とはいえ、考える事は「チェックアウトまでには歩けるようにならねば」です。

昨夜、一緒に飲んだ友人達が次々とさわやかにアニーと友人の部屋にやってきます。

アア、ソレナノニ・・。

まさに、額に斜線が入ったような死に顔で苦しんでいるアニーは、皆と言葉を交わすことも出来ませんでした。
あろうことか、花嫁が清々しく訪れてくれた時もバスルームで倒れ込んでいる有様でした・・・あまりにダメな人間ぶり(笑)。

でも、大学時代のお友達です!
アニーのダメ人間ぶりをイヤという程熟知している人々です!
「あ~あ。」ってな感じで、普通に去って行きました。

そして、チェックアウトが12時ということにも助けられ、なんとかかんとか無事にチェックアウトを終えたアニー。

だが、しかし!!
まだまだ電車なぞには到底乗れぬ状態です。気持ち手が痺れ、頭はフラフラ目は虚ろ・・どう考えても体中の塩分と糖分が不足して危険な域に達してます。
とりあえず、同室だった友人とロビーのソファに腰を下ろしました。



・・・・続く。
スポンサーサイト
コメント(0)
■■■ア とゆう間に
2007/11/27 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
20071127190421
20071127190420
もう帰郷です。
早いです。 ビックリな慌ただしさでした。
そして、ばっさり旅行日記を書けずじまいでした…申し訳ない。

ほんに今回の東京は、色んな人と再会しました。五年振り(?)な方々ばかりで嬉し恥かしでございました。

でも、みんな変わってないのね~、見た目はあんまり。
東京で暮らしてる人って歳とらないのかしら?!

それより、青山・原宿辺りの変化に驚いた。六本木(長年アニーのバイト先だったのね)も、ちょこちょこ店の変化があって、何となくさびしい気がしやした。
よく行ってた店が移転してたり、無くなってたりすると、それなりに月日の長さっつうものを感じます。

東京時代にお世話になった人たちもね、見た目や話し易さは昔のままでも、プライベートだなんだでやっぱり劇的な変化があったりもして、たかが五年といえども年月というものは重いな っとしみじみ感じましたよ。

とな。

いやいや、今回はほんに大騒動起こしたり、ビックリがあったので詳しい旅日記はまた後日!
コメント(0)
■■■しぇんしぇい…
2007/11/21 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
200711211953242
20071121195324
ぬぁ、なんと!

あの谷川俊太郎先生にサインしてもらった=。感動でぃす。

今日、アニーの仕事先にいらっしゃったです。
以前から、本日来るよとは聞いてて、指折り数えて待ってたですが…朝一で「ヒョコ」っとやって来られて驚いた。

尊敬する先生を目の前にすると、アカンタレなアニーはほとんど喋りかけることが出来ずモジモジ君だった…プライベートだから失礼かなとも思ったし…は~、だが写真一緒に撮って欲しかったにゃあ。
ほんとミーハ―ですわ。
そして、アニースイッチOFFの時って、気が小さくて意気地なしの駄目人間ですわ。

谷川先生はね、メディアで目にした通りの方でした。
ただ、つぶらな目の輝きはホンマもんのが迫力ある。
あの目に見つめられて微笑まれた時は、心臓ドッキンドッキンでしたわ。
また喋り方が素敵なのよ。
若い男子は(女子もだけど)、外見ばっかり気にせんで、ああいう物腰をもっと見につけて欲しいだで。

ところで、ただいま新幹線で移動中。
明後日に友人の結婚式に出るため東京に向かってます。
一年ぶりくらいね。
しかも、東京を離れてからはゆっくり滞在できる機会がなく、なかなか知り合いに会うことが出来なかったので、今回は無理を言って休みをもらい、東京時代にお世話になった人にまさに「御礼参り」してきます。
4、5年ぶりに会う人ばかりで、ワクワクっす。
アニーの花の20代を一緒に過ごしたみなたまです…感慨深いですな。

では、明日からの《東京日和》 な記事をでうぞお楽しみに!

コメント(0)
■■■世界一セクスィーな男
2007/11/20 Tueキネマのベンチ
 、に我がアイドル「マット・デイモン」が選ばれたらしい。ピープル紙の恒例のアレの話。

やばいよ、、、キテるね、世界中にマットのナイーブな表情にやられてる婦女子がわらわらおる。

今アニーがキャアキャア言う若い俳優さんってマットくらいかも。
以前はね、クリスチャン・スレーターが大好きで、恥ずかしながらポスターとか切り抜きとか貼ってたのだけど、最近あまり映画で見なくなったしね・・私の愛するジャック・ニコルソンにどことなく似てていい俳優さんなのにね・・残念だで。

と、いうわけで、マットですわ。
彼の演技は素晴らしいよ!目が離せなくなるし、フウ~~っと心に沁みこんでくるだす!!作りものに感じさせないものね、地味だけど人間の存在感を圧倒的に感じさせるヒッジョーーーーに上手い役者さんだと思う。
はっきりいって芝居の上手い下手はアニーには未だによく分からないんだけど、「グットウィルハンティング」を見たときは、『上手い!!!』と叫んでしまったよ、彼の演技に。。

アル・パチーノとか見ても彼の芝居の良さが全く分からないんだけど(特に「ゴットファーザー3」はその大げさな演技にゲップが出そうだった)、「グット~~」で主人公を演じてるマットの演技は全てにおいて完璧で感動したよ。
仕草/表情/セリフのタイミング、抑揚、音の高低・・とにかく全てが、演じている役柄そのものというか、目線ひとつとっても嘘がないし不自然な所が全然ない感じ。
どう言えばいいのか・・・とにかく信じられないくらい上手いと思ったの。
彼以外は、正に考えられない役だった。つか、あれがノンフィクションのドキュメンタリーだとしても、本人さえマットの演じた役を超えられないだろね。
彼が出演するってんで、普段全く見ない「スマスマ?」見たのだけど、やっぱり相当役作りしてんだねえ。
リサーチして研究して、でも、やっぱりそれを噛み砕いて吐き出したものが作りものじゃなくなってるってのは、才能だと思うね。
舞台と違って、映像用の芝居は特に眉毛の動き一つでも重要だし、それゆえにたった少し指先を動かしたことさえ、意味をもってくることもあるから、本当に自然に画面上に存在して、尚かつ観客の意識を自分に同化させるような演技が出来る人ってなかなか居ないですけんね。
大げさじゃなく、彼は天才だと思う。

そんなわけでマットの繊細な演技と、ごついんだけどどこか守ってあげたい母性本能をくすぐられる容姿にしばらくやられてたアニーですが、アニーも含め、全世界がマットの魅力に次にヤラれたのが「ボーン・アイデンティティー」でしょうな。

びっくらこいたよねえ。
どう見ても鈍臭そうなイメージなのに、あんなにアクションができる&カッコいいなんて・・・・罪だで。

スターになるべくして生まれてきたマット・デイモン!
彼の今後の作品が楽しみで仕方ないやね。
・・・・でも「ボーン・アルティメイタム」はまだ見てないの。近い内に行かねばだで、ね?

コメント(0)
■■■オケってる?
2007/11/17 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日の夜は、なんと!  カラオ~~ケ~  に行った。
しかも、今まで遊んだ経験のない方々と・・・最初は緊張だったあ。
んでも、知らない人じゃないからね、アニーファン(?)だからね皆、そりゃ盛り上がるに決まってるさっ。

しかし、金曜の夜ですから。
そりゃオケ屋さんも込みますわ。
フリータイムで入ったものの、4時間くらいで追い出されました。
む~~~~ん・・・・もうしばし歌いたかったわい。

ところで、アチシ、カラオケで初体験したでいす。

食ったっす。

おでん・・・カラオケ屋で・・。

おにぎりも、サンドイッチも・・。

お店のじゃないで。手作りを持ってきてくれてたわけで。
まるでピクニックじゃあ・・・。


071116_1929~01.jpg


カラオケでおでんって、ちょい衝撃的。イケナイ事してる気分よね、いや、イケなくないけどさ。

ところで、「スーパーナチュナル」が最近のお気に入りなのであ~る。
Xファイルっぽいけど、もちっとチープでオカルト全面出し!みたいなのがい~やね。
ただね、、どうしても許せないのは、あの吹き替えよ!!
へたくそにも程があるっつーーーの!悪だね、あれは。
視聴率下げるのが目的なキャスティングに間違いない。
アニーのこの前の芝居のセリフに「話題集めの為だけに、へたくそな芸能人を使った日本語吹き替え版も許せなくて・・」というのがありんすが、あの吹き替えは正にソレじゃない?

弟君の方はまだいいですよ。名前分かんないけど、「あらしのよるに」の羊の声とか良かったしね、役者さんだしね。
問題は、かなり男前なお兄さんの吹き替えですわ。
吹き替えやってる人には申し訳ないっすけど、ほんっと下手!!
もうね、殺意をおぼえるくらい俳優さんの芝居&男前が台無しな吹き替えですわ。
井上さんのファンの方には申し訳ないですがね、あの声と喋り方は耐えられませんぜ。どんなキャスティングで決まったんだ?!

アニー母でさえ文句ブーブー言ってますけん。
「この吹き替えほんっとへたくそ!変えればい~のに。」と。

とりあえず、アニーも含め吹き替え版見てる何人かが全て「下手!!」と怒り心頭なわけで、全国で数えたら結構な人数になると思いますよ、不満バリバリな視聴者って。
で、本物のお兄さん役の俳優さんの声って低くてカッコいいわけ。
ビデオ借りてまで見ようとは思わないドラマだから地上波で見るしかないのよね・・・頼むから字幕にしてくれと毎週願ってしまう・・。


ちなみにアニー母は、「スーパーナチュラル」と言わず、
 「ほれ、始まるよ。スーパーナショナル。」    と言う。
そんな母は、レストランなぞで必ずドリアの事を
 「あんた、アレ頼まんの?ドリアン。」      と言う。

何故、字数を増やす?!
しかも別の食べ物になっとるがな!!!

コメント(0)
■■■満腹秋日和
2007/11/13 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
20071113203048
20071113203046
はぁ。

存分に楽しませて頂きましたぜ、鹿!!

もとい。仏!

初公開の聖観音菩薩立像はかなり遠くからしか見られなかったのが残念だすが、それでも美しいお姿に見惚れまちた。
国宝館のお楽しみは、一堂に特別陳列された八部衆。
もうね、笑っちまいますよ。
「阿修羅。あんたやっぱり目立ち過ぎじゃね?」って感じ。
個人的には、迦楼羅が一番のお気に入りで、兵馬俑の像のような何体かも好きですが、なんといっても中央で大きく手を広げちゃってる阿修羅の俺サマっぷりに目を奪われちまいます。
いつまでたっても彼の前には人だかりだし、傍から見てると人間の様がおもちろかっただがや。
それに8人ズラっと揃うと、その異形さがハッキリクッキリ際立ってたね。
仏はどなたでも、よくよく考えるとかなり変なお姿だったりするけど、この八部衆はお顔も個性的だし見れば見る程「変」美しいだね。
そうそう!
興福寺は久し振りだったので、阿修羅以外は全然印象なかったのだが、ここにも帝釈天様は居ただがや。
しかも、こりまた魅力的な姿態で生唾もんなポージングだで。
なんか自分が「帝釈天」なもんで、帝釈天様は他人に思えないのよね……だ…旦那…って感じ?

はぁぁぁ、どうせアホですわ。
でも、ほら、同じ名字の人って親近感覚えますがね!アレをさらに加速させた病気一歩手前なだけだがね。

そんなわけで秋晴れの爽やかな日。
「イヒヒ イヒヒ 」と薄笑いを浮かべながら仏像のグラビアなぞを買い漁る純真な乙女の日帰り奈良…(ついでに大阪も)旅行なのでありました。
コメント(0)
■■■バッス~
2007/11/13 Tueわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
今日はお休みを利用して、奈良まで行ってくるだす。
今月は、東京遠征があるので、じっとしてようと思ってたけど…興福寺の特別公開の秘仏がど――しても見たかったのよう。
ついでに正倉院展にも寄ろうかな…なんちて。
今日はお久さなバス移動っす。
自分の運転だと景色見えないからね、今日は遠足気分だで。長時間の移動はしんどいけど三時間ほどなら大丈夫たい!
しかも今の乗客はアニーただ一人!
貸し切り状態!ウホウホでっす!

ん~贅沢だあ。
コメント(0)
■■■マッコリ!マッコリ!
2007/11/10 Satわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
いやあ、明日は待ちに待った「マッコリDAY」っす。
もしかしたらマッコリが思う存分飲めるかもです。

アチシはマッコリ大好き。
その出会いは、さかのぼること7.8年前。
知り合いがopenした焼き肉/韓国料理屋さんにメチャうまなマッコリがあったとです!

そこのは、瓶で出されたりするの。
多分1,5か2リットルくらい入ってるんだと思うけど、気がつくと2杯(かめでね)は、飲んでる。
そして記憶はなくなってる・・・。

恐るべしマッコリ。
愛すべきマッコリ。
コメント(0)
■■■祝!初カタログなり。
2007/11/07 Wedわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
本日は、いや、もう昨日ですが、ゴザ(?)のカタログ撮影にモデルで参加したなり。

帝釈天アニーの記念すべき第一回目の公演からお世話になってる「トクラ」さんのお仕事です。
PVとか映像の仕事の経験はありますが、カタログの撮影は初めてだったのでおもしろかった~~。
モデルがよかったのか(笑)、サクサク撮影も進んでいったなりよ。

んでも、あれですな。
いつも感心してまうのですが、プロのカメラマンさんの写真はやっぱりほれぼれするなりね。プロなんだから当たり前って言ってしまえば「はい。それま~~~で~よ~~~」←(古っ)なんやけどね、
たった一瞬を切り取って、世界を構築してるってのが感動するよね。
そこに写ってるのは、確かに自分なんだけど自分じゃないモノになってるし・・・・本当に凄い写真家は何百枚もパシャパシャ撮らないで、たった数枚で最高の写真を撮るって聞くし、天才的な写真家さんは、最高の一瞬を切り取る神懸かり的な才能を持ってるんでせうな。


と、いうわけで、「トクラ」社員でもある友人が撮ってくれた撮影中のアニーの写真だす。

20071107022006.jpg

20071107021951.jpg

20071107022314.jpg



春/夏用のカタログなので、おもっきし季節感のない服装でちと寒かった~。
でも屋内だから助かったなりよ。
浴衣も着させてもらってねえ・・・アニーは着物着るの大好きだけど、和服着ると「女子で良かった」と心から思うね。気持ちもピシッと引き締まるし。

大体日本人の日常服は着物だったんだからさあ、帯がどうの、着付けがどうの、着物の時はこの小物でこの草履で・・とうるさく言わずサ皆の好きなように着せたればい~のさ。いろいろうるさい決まり事があるから、着物着るのが日常的じゃなくなっちゃうんだよね。

ちなみに、撮影場所はある住宅展示場の一家だったんだけど、もう!!本当にすてきなお家だったあ。
特に!!!
ベッドルームが鼻血ブーーーなほど素敵な空間なの!
シャワー室がついてて、バルコニーみたいなのがついてて・・・で、思わず写真とってまった。
071106_1220~01.jpg


写真撮ってる現場を、まんまと友人に見られた時は恥ずかしくて思わず赤面してまった・・・そんな微妙なお年頃のアニーなり。


071106_1312~01.jpg

コメント(0)
■■■日本男児の嗜好とは
2007/11/04 Sunわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
先日、ある人がしみじみとこんな事言われました。

「私も若いうちは強気だったけどねえ。
 現実はだんだん買い手がなくなってくるんだよねえ・・・・」

なんの話かピンときた方!!
あ~たは、大人の女性ですなっ!

そうです。30代後半から女性の結婚は難しくなってくという話です。

その話の相手もアニーも、《女は30過ぎてからどんどん魅力的になる。経験豊かで色んな勉強も積んで、心の機微もちょいとは分かるようになって美しさに磨きがかかる》と思ってるのですが、30代後半で結婚したその方の実感は、「自分では、そんな風に考えても実際それを分かって受け入れられる男は少ない」ということだそ~な。

やっぱり若いホワホワした女の子が日本男児は好きみたい。
心が細やかだったり、仕事ばりばりだったり、自分をしっかり持って生きてきた女性と結婚しようという男子は、そういないらすぃ。
40代なっても50代なっても、はたまた80代でも若い子がイイのでしょ・・。

最近、初めて人生設計というか、将来について細かなヴィジョンを抱くようになったアニーにとっては正直「フンヌ~~~~!」な現実です。

まったくの「行き当たりばったり人生」を歩んでるアチシですが、ごくごく最近、36か37歳で結婚!という根拠のない自信に満ちた予定をたてとりました(笑)。
かつて結婚の『ケ』の字も考えたことのなかったアチシにしてみりゃ、なんだか人間としてえらい進歩な気がしますが、そんなアニーの予定も実現するのは本人の予想以上に困難な状況のようです。

えらいこっちゃあ。

まず、日本の現状を変えるとこから始めねばなりますまい!
10代,20代のきゃぴきゃぴ女子達をもてはやす日本男児の性根を叩き直すとこからやらねばならんとです!!
大仕事です!!アニーにそんな大役がつとまるでせうか?

そ~~ですね!
アニーにならできるでせう。今の日本を変えるのはアニーしかいないでせう。

自分でも何をいってるのかよく分かりませぬが(笑)、この歳になって思うのは「根拠のない自信をなくすな!」です。
たとえ、結婚予定の37歳になって何も変化のない日常でも、マイナス思考ではいたくないものです。
たとえ、20歳の女子と婚約しとるイイ男がおったバヤイでも、「我が魅力で奪いとったる!!」という気概はなくさぬよう生きていきましょ。
コメント(0)
■■■今日から俺は!
2007/11/01 Thuわるいやつらは蓮の下(帝釈天的日記)
てなわけで。
今日からアタシはこまめに保存人生を歩む決意でぃす。


最近胡椒好き。
全く唐突ですがね、ラーメンに胡椒いれるとオイシイのね。
数年前から一味も大好き。
ある人が「ポン酢にコレを入れると最高なのよ」と、京都の一休堂の一味を教えてくれて、これがホンマうまい!!だったの。
この一味に出会ってから、辛いものは苦手な方だったアチシがなんにでも一味とか入れるようになったでぃす。

でもね、寿司は必ずワサビ抜き!
おでんの辛子もつけたかどうか分からぬ程度・・・。

こないだふと、その謎が解けたの。「じっちゃんの名にかけて!」

アニーは 鼻が悪いんだわ。
だから、ワサビとかの刺激が人よりも強いんじゃないかしら?

だって、今ね、飛行機乗れないの。
「耳抜きができるようにならねば乗っちゃダメですよ~~」って医者に言われたの。
ダイビングスクールなぞに通って耳抜きできるように練習して下さい、だと。

「おめ、ふざけんじゃね~~~~!この耳の痛さどないかせえ~~~」
って感じでしたね。

アニーはパスポート持ったことない人です。
過去2,3回、国内移動で飛行機乗ったとです。
で、機内で「耳から血が出た・・」というほどの激痛に襲われました。
「誰か助けてえええ」と転げ回りそうな痛みだったけど、ああ雲の上の出来事。
ど~にもならないのは分かってたから、必死に痛みに耐えてました。
で、地上に着いてやっと痛みから開放されるとの喜びも束の間、いっこうに耳の痛みは治まりまてん。
で、数日後、耳鼻科に行ったとです。

診察後、なんやかやと要領をえない説明されたけど、どうも鼻が悪いのが原因じゃないかという結果でした。・・多分・・・。
確かに以前から気圧の変化に敏感かしら~~とは思ってたけど、耳抜きが出来るようにならねば飛行機に乗れないというのはショックだった。

別に鼻の病気持ってるわけじゃないんだけどね、やっぱり耳と鼻はつながっとるますけん。
ええ、ええ、アニーは鼻声ですけん。そのつながってる通りがなにかしら人より劣ってるのでせう。

CAの人に「ダイビングに通わなくても飛行機乗れるようになりませんかね?」と聞いたところ、CAも鼻風邪とかだと耳が気圧の変化に耐えられなくて大変だから仕事は休むと言っとりました。

「ポンッ」

て自然に耳抜きできてる人があたしゃ心底ウマヤラシイ・・。
耳抜きをしやすくする薬もある!と風の噂で聞いたけど、そこんとこ詳しく知ってる人がいたらば、ぜし!!アニーに教えてっちゃ。
耳抜きができんアチシはハネムーンでハワイにも行けやしないよ・・。
コメント(0)
HOME
プロフィール

帝釈天アニー

Author:帝釈天アニー
役者。と思います。
一人芝居のDMから映像からその他もろもろは何とか自分でやってる制作者でもありやす。マイナーの女王になりたいようななりたくないような、「第一印象はあてにならない」が信条の遅れてきたアイドル志願。

カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
リンク

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。